海外

2021.05.01

ブルガリア 入国規制の変更(2021年5月1日~)

【ポイント】

●5月1日から、ブルガリア入国規制が変更され、日本人については、次のいずれかに該当する場合に入国が許可されることとなりました。
-ワクチン接種完了証明書を提示する者
-新型コロナウイルス感染症からの回復者
-入国前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書、または入国前48時間以内に実施した簡易抗原検査(rapid antigen test)の陰性証明書を提示する者

●5月1日から、インド、バングラデシュ、ブラジル、及びアフリカの一部の国からの入国が一時的に禁止されました(ブルガリア国民、ブルガリア長期滞在資格保持者、及びその家族は、入国は許可されるが、10日間の自己隔離)

●4月30日新規感染者数1,237名、新規死者数90名。

●累計死者数16,368名。人口当たりの累計死者数でブルガリアは世界第6位。 

●直近7日間の死者数647名。人口当たりの直近7日間の平均死者数でブルガリアは世界第3位。

●ワクチン接種累計80万回突破(うち2回接種済み20万名突破)

【本文】

○4月29日、保健省は新たな保健大臣令を発出し、ブルガリアへの入国に関する規制を変更しました。重要な変更点は以下のとおりです。5月1日から5月31日まで実施されます。

◇これまでは、入国時にPCR検査の陰性証明書の提示が必要でしたが、5月1日から、これに加え、次のいずれかに該当する場合に入国が認められることとなりました。

(1)新型コロナウイルスワクチン接種完了証明書を提示する者
(2)新型コロナウイルス感染症からの回復者(検査日から15日目から180日目の間に回復した者で、PCR検査または簡易抗原検査の陽性証明書を提示する者)
(3)入国前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書、または入国前48時間以内に実施した簡易抗原検査の陰性証明書を提示する者

 上記に該当する証明書の記載要件の詳細については、後日改めてご案内します。

 例外として、ブルガリア国民、ブルガリア長期滞在資格保持者、及びその家族は、これらの証明書を提示しなくても入国は許可されますが、入国後10日間の自己隔離が課されます。その場合、入国後24時間以内に行われたPCR検査または簡易抗原検査の陰性証明を提出することにより、自己隔離の免除を受けることができます。

◇5月1日から、インド、バングラデシュ、ブラジル、及びアフリカの一部の国からの入国が一時的に禁止されました。

 次のアフリカ諸国からの入国は認められます(これら以外のアフリカ諸国からの入国が禁止されます):エジプト、アルジェリア、チュニジア、モロッコ、マリ、ニジェール、チャド、スーダン、エリトリア、エチオピア、ソマリア、中央アフリカ、ガボン、コンゴ民主共和国、ナイジェリア、ベナン、トーゴ、コートジボワール、リベリア、シエラレオナ、ガンビア、セネガル、ブルキナファソ、南スーダン、赤道ギニア、ギニアビサウ、マダガスカル

 例外として、ブルガリア国民、ブルガリア長期滞在資格保持者、及びその家族は、入国は許可されますが、10日間の自己隔離が課されます。

詳細はブルガリア保健省HPをご確認ください(ブルガリア語)→ https://www.mh.government.bg/bg/novini/aktualno/ot-1-maj-dejstvat-novi-pravila-za-vlizane-v-blgari/

○4月30日(金)時点のブルガリア国内の感染状況(ブルガリア保健省発表)。
検査数 16,259件
陽性率 7.61%
感染者累計 403,728名(前日比+1,237名)
死者累計 16,368名(前日比+90名)
治癒累計 338,312名(前日比+2,881名)
アクティブケース 49,048件
入院中 6,824名(前日比-344名)
集中治療中 682名(前日比-15名)
感染医療従事者累計 13,170名(前日比+25名)
ワクチン接種累計 803,176回(前日比+26,923回)
ワクチン2回接種済み累計 207,667名(前日比+17,132名)

地域別の前日からの新規感染者数
ブラゴエフグラド  :65
ブルガス      :82
ヴァルナ      :116
ヴェリコ・タルノヴォ:40
ヴィディン     :12
ヴラツァ      :17
ガブロヴォ     :19
ドブリッチ     :49
カルジャリ     :23
キュステンディル  :19
ロベチ       :24
モンタナ      :21
パザルジク     :33
ペルニック     :35
プレーヴェン    :22
プロブディフ    :110
ラズグラッド    :6
ルセ        :60
シリストラ     :26
スリヴェン     :32
スモリャン     :23
ソフィア県     :47
ソフィア市     :218
スタラ・ザゴラ   :54
タルゴヴィシテ   :22
ハスコヴォ     :29
シューメン     :22
ヤンボル      :11

前日からの死者90名の内訳
30代:男性1名、女性1名
40代:男性2名、女性1名
50代:男性3名、女性5名
60代:男性11名、女性9名
70代:男性13名、女性14名
80代:男性14名、女性14名
90代:男性1名、女性2名

統計サイト「Our World in Data」によると、4月29日時点で、ブルガリアは、人口100万人当たりの過去7日間の平均死者数で世界3位、人口100万人当たりの累計死者数で世界6位です。出典はこちら→ https://ourworldindata.org/grapher/covid-deaths-daily-vs-total-per-million?tab=table&time=2021-04-29

 

在ブルガリア日本国大使館領事警備班

電話:(国番号359)2-971-2708(代)(24h)
e-mail: consul.jpn-emb@sf.mofa.go.jpHP: http://www.bg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。