海外

2021.04.29

ノルウェー 国境及び自主隔離ホテルにおける検査の厳格化(2021年4月29日~)

●4月28日、ノルウェー保健介護省は、簡易検査で陽性となったEEA(注)及びシェンゲン圏以外の国(当館注:日本を含みます)からの渡航者及び自主隔離ホテル滞在者に対するPCR検査義務づけに関するプレスリリースを発出しました。その概要は以下のとおりです。なお、以下1~3の変更は、4月29日午前0時から適用されます。
(注)EU加盟国にリヒテンシュタイン、アイスランド、ノルウェーを加えたもの。

1 ノルウェー政府は、保健当局の推奨に基づき、ノルウェー国境での簡易検査で陽性となったEEA及びシェンゲン圏以外の国からの渡航者に対し、PCR検査の受検も義務づける。

 また、自主隔離ホテル滞在中の者は、到着から7日後にPCR検査を受ける必要がある。自治体はこの検査の機会を提供する義務がある。

2 過去10日間に自主隔離義務の生じる地域(当館注:日本を含みます)に滞在歴のある者は、ノルウェーの国境検問所にて簡易抗原検査を受けなければならない。この検査で陽性となったEEA及びシェンゲン圏外からの渡航者については、国境でのPCR検査の受検を義務づける。従来は、PCR検査は到着から24時間以内に行うこととされていた。ノルウェー保健局及び公衆保健研究所は、この措置が感染輸入を制限し、変異種の検出に必要であると考えている。

3 現在、自主隔離ホテル以外の場所で隔離を行う全ての者は、(ノルウェー入国から)7日目に検査を受ける義務がある。今後は、自主隔離ホテル滞在者も同様に(7日目に)検査義務が生じる。自治体はこの検査の機会を提供する義務がある。

4 過去10日間にバングラデシュ、インド、イラク、ネパール、パキスタンに滞在歴のある全ての旅行者に対し、一部例外を除き、自主隔離ホテル待機義務も導入される。この措置は4月28日正午から適用される。

5 詳しくは、以下の4月28日付ノルウェー保健介護省プレスリリースをご参照ください。
https://www.regjeringen.no/no/aktuelt/strengere-krav-til-testing/id2846416/

 また、ノルウェー保健当局によるノルウェー入国に関するガイドラインは以下をご参照ください。
https://www.helsenorge.no/en/coronavirus/international-travels

【問い合わせ先】
在ノルウェー日本国大使館 領事班
電 話: (+47)2201-2900
メール: ryouji@os.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。