海外

2021.02.20

キプロス 入国における新たなカテゴリーの設定(2021年3月1日~)

キプロス在留邦人及び滞在中・来訪予定の皆様へ

状況・注意事項を以下の通りご案内します。

17日、キプロス政府は、フライトの再開・増便に向けた新たな措置を3月1日から実施することについて閣議決定を発表しました。概要は以下の通りです。

なお、詳細に不明な部分があり、今後、新たな発表があり次第、追加でお知らせいたします。

3月1日~31日の措置

1.2021年3月1日から、スイスを含む欧州連合(EU)と欧州経済圏(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)の国々については、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が実施する国・地域別の感染状況に応じた緑、オレンジ、赤のいずれかのカテゴリー分類に従ったカテゴリー別の措置を講じることとする。

ECDCが毎週発表する感染状況地図:https://www.ecdc.europa.eu/en/covid-19/situation-updates/weekly-maps-coordinated-restriction-free-movement

2. キプロスに到着するすべての乗客は、該当するカテゴリーを問わずPCR検査を受けなければならない。但し、グリーン・カテゴリー国から入国する乗客は、PCR検査費用をキプロス政府が負担する。

3. オレンジ・カテゴリー国からの入国者は、出発前72時間以内にPCR検査の陰性結果の提示が必要となる。

4. レッド・カテゴリー国からの入国者は、2回のPCR検査(出発72時間前以内、及び到着時)が必要となる。同カテゴリーでは、自主隔離の必要はない。なお、キプロス市民と合法的に居住する外国人は、キプロス到着時にのみPCR検査を受けることを選択することも可能であるが、その場合、保健省の指示に従った自主隔離が求められる。

5.第三国について、保健省がイギリス、ロシア、ウクライナ、イスラエル、レバノン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、ベラルーシ及び欧州理事会リストの第三国に関して、緑、オレンジ、赤、及びグレーに分類する。グレー・カテゴリー国から到着する乗客は、特別入国許可証が必要となり、さらに出発前72時間以内にPCR検査を行う必要がある。また、保健省の指示に従った措置を行う必要がある。(注:日本はグレー・カテゴリーに含まれますが、日本人が日本から渡航する場合はキプロスに合法的に滞在資格のある場合に限られ、一般の観光目的では訪問できません。)

6. 現在実施中のイギリスから到着する乗客を対象に政府が提供する場所で7日間の隔離を行う等の措置を2021年3月31日まで延長する。

4月1日以降の措置

1.第三国は、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が定める基準により、緑、オレンジ、赤のカテゴリーに分類される。同日からイギリス、ロシア、ウクライナ、イスラエル、レバノン、アラブ首長国連邦、ヨルダン、サウジアラビア、エジプト、ベラルーシに加え、セルビア、カタール、バーレーン、アメリカ合衆国、アルメニア、グルジアが第三国として緑、オレンジ、赤の色分けに追加される。 右に含まれていない国は、(合法的に居住する第三国人を除き)特別許可が必要なグレー・カテゴリーに分類される。なお、今後、保健省が各国の分類を毎週発表する。(注:現時点では、日本はグレー・カテゴリーに該当することになります。)

2.グリーン・カテゴリー国からの乗客は、到着時のPCR検査を受ける必要がない。

3.オレンジ・カテゴリーは、出発前72時間以内にPCR検査の陰性結果の提示が必要となる。

4.レッド・カテゴリー国からの入国者は、2回のPCR検査(出発72時間前以内、及び到着時)が必要となる。同カテゴリーでは、自主隔離の必要はない。キプロス市民と合法的に居住する外国人は、キプロス到着時にのみPCR検査を受けることを選択することも可能であるが、保健省の指示に従った自主隔離が求められる。

5.グレー・カテゴリー国からの渡航者は、第三国の国民の場合には特別許可を取得する必要があるが、キプロス市民、合法的に居住する第三国民、EU市民は特別許可を取得する義務から除外される。このような国からの入国者は、出発前72時間以内にPCR検査の陰性結果の提示、及び保健省の指示に従った隔離措置を行うことが求められる。

その他

全ての期間において、保健省の指示に従い、全カテゴリーの乗客からサンプル検査を受けることがある。

 随時措置内容が変更になることも考えられますので、詳細をお知りになりたい場合など以下のキプロス政府の発表をご確認ください。(https://www.pio.gov.cy/coronavirus/eng

(当館連絡先)在キプロス日本国大使館 領事班 
5 Esperidon ST., Strovolos 2001, Nicosia, Republic of Cyprus
ホームページアドレス https://www.cy.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
電 話:+357 22-394800 ★8:15-12:30、13:30-17:00★
FAX:+357 22-319077 メール:cy-ryouji@cy.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。