海外

2022.10.28

アメリカ(米国) |渡航情報(必要な渡航書類、ビザ・ESTA申請、航空券手配、入国・検疫等の手続き手順)

米国への渡航に必要な手続きの手順 米国への渡航に必要な手続きの手順

アメリカへの渡航に際して必要となる渡航書類、アメリカビザ、ESTAの申請、航空券手配、海外旅行保険等の手続き手順を纏めました。弊社では一部の手続きをサポートしています。


◎ アメリカの入国制限

米国疾病予防管理センター(CDC)は、米国に飛行機で渡航する渡航者に対し、新しい規定を発表しました。

2021年11月8日より、米国市民、米国永住者及び移民ビザ所持者を除くすべての米国への渡航者は、米国行きの飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した証明を提出することが必要となります。

在日アメリカ合衆国大使館|渡米前のCOVID-19検査 及び ワクチン接種の条件

米国疾病予防管理センター(CDC)|Requirement for Proof of COVID-19 Vaccination for Air Passengers

米国国務省領事部(U.S.Department of State Bureau of Consular Affairs)|Travel.State.Gov - COVID-19 Travel Information

カナダまたはメキシコから陸路・海路で米国に入国する場合

2022年4月21日時点で、米国にカナダまたはメキシコから米国へ陸路・フェリーで入国する 米国市民以外の渡航者 は、有効なワクチン接種証明書が必要となっております。

※ 本措置は米国市民、永住者、米国国民には適用されません

米国国土安全保障省(DHS)|Fact Sheet: Guidance for Travelers to Enter the U.S. at Land Ports of Entry and Ferry Terminals


❶ アメリカビザ / 電子渡航認証(ESTA)の申請

アメリカへの入国にはビザ(査証)が必要です。

なお、日本国籍の方は短期商用・観光目的であれば、ESTA(電子渡航認証)の登録などの条件を満たせるビザ免除プログラム(VWP:Visa Waiver Program)を利用してビザ無し渡航が可能です。

アメリカビザの申請・取得

ビザの取得はアメリカ合衆国大使館(東京)もしくは総領事館(札幌、大阪・神戸、福岡、沖縄)にて可能です。

なお、在日米国大使館 及び 領事館は非移民ビザサービスと移民ビザサービスを再開しました。

在日米国大使館・領事館|ビザサービス

ビザ申請については通常より待ち時間が長くなることが予想されます。
緊急の理由ですぐに渡米する必要がある方は、こちらに記載されているガイダンスに従って、緊急面接予約リクエストを提出してください。

電子渡航認証(ESTA)の取得

電子渡航認証(ESTA)は、ビザ免除プログラム(VWP:Visa Waiver Program)を利用して渡米する旅行者の適格性を判断する電子システムです。

ビザ免除プログラムを利用して、90日以下の短期商用・観光の目的で渡米されるビザ免除プログラム参加国の国籍の方は、ESTAの取得が米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されており、米国行きの航空機や船に搭乗する前に、電子渡航認証を受ける必要があります。

米国大使館公式サイト|ESTA公式サイト

申請時期

ビザ免除プログラムで渡米される予定がある方は、航空券の予約時にESTAを申請するか、少なくとも渡米日の72時間以上前にESTAの申請をすることを強くお勧めします。

出発日当日にESTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。
また、承認されたESTAをお持ちでない海外旅行者は、搭乗手続きができませんのでご注意ください。

申請料金

ESTA申請時に21ドルの申請料金の支払いが必要です。
(2022年5月26日より以前の14ドルから料金引き上げとなりました)

申請料金はESTA申請サイトを通してクレジットカード または デビットカードでのお支払いとなります。

なお、第三者が無許可で情報提供料や申請手数料を要求する模倣ウェブサイトにご注意ください。
これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありません。

有効期限

ESTAは通常一度認証されると2年間有効で、米国への複数回の渡航が可能です。

ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますのでご注意ください。
また、渡航者がパスポートを新規に取得したり、名前・性別・国籍のいずれかを変更した場合や、前回ESTAを申請した際の適格性質問(はい、いいえ)の回答に変更が生じた場合も再申請が必要です。​


❷ アメリカ行き航空券の手配

航空会社各社は、新型コロナウイルスの発生により、路線の減便等の措置を実施しています。
なお下記バナー(別ページ)より、日本⇔アメリカ本土間のフライト運行状況についてご案内しております。

米国滞在中の連絡先情報提供について

米国入国者がCOVID-19その他感染病患者と濃厚接触した可能性がある場合に米国の保健当局が当該入国者へ連絡することを可能とするため、米国行きフライトに搭乗する全ての旅客は、利用航空会社に以下の情報を提供し、提供した情報が完全かつ正確であることを確認(confirm)することが求められます。

米国疾病対策センター(CDC)|米国に到着する全ての旅客に求められる連絡先情報の収集に係る要件

  • 米国滞在中に電話やEメールへのアクセスが出来ない場合は、日本の連絡先ではなく滞在先ホテルや滞在を共にする友人、親戚の連絡先などを記載すること
  • 下記1~3について、宣誓書や提供する連絡先情報に虚偽がある場合、刑事罰の対象となる可能性があります
1 氏名(旅券上の表記)
2 米国滞在中の住所(郵便番号や番地を含む)
3 主な電話番号
4 その他電話番号/緊急の電話番号
5 メールアドレス

❸ 海外旅行保険の加入確認

国や地域によっては、突然事故に遭い、また病気や怪我をして病院に搬送されても、実費あるいは保険等による治療費の負担が保証されないと、診察や治療が受けられない(断られる)ことがあります。
また医療水準や衛生事情により、その国では必要な治療が受けられず、他国や日本への緊急移送が必要となる場合もあります。

新型コロナウイルスに感染した場合は、滞在国の規定にそった検査、隔離が必要になり費用は渡航者の負担になります。
保険に入っていないと、時には数千万円にものぼる高額な医療費・移送費を全て自己負担しなければなりませんので、万一に備え、十分な補償内容の海外旅行保険に加入しておくことを強くお勧めします。
なお、クレジットカードに付帯している保険では補償として決して十分ではない点にも留意が必要です。

https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/hoken.html


❹ 有効なワクチン接種証明書を取得

2021年11月8日より、米国市民、米国永住者及び移民ビザ所持者を除くすべての米国への渡航者は、米国行きの飛行機に搭乗する前に、新型コロナウイルスワクチン接種を完了した証明を提出することが必要となります。

有効なワクチン接種証明書・完全接種の要件等

米国入国時に有効なワクチン接種証明書
適用開始日 2021年11月8日~
対象者 米国市民、米国永住者 及び 移民ビザ所有者を除く米国に渡航する18歳以上の全ての方
※18歳未満の子供、医学的にワクチン接種が不可能な方は対象外
有効な証明書 下記に該当する公的機関から発行された紙面 または デジタル証明
  • QRコード付きワクチン接種証明書、デジタルパス
      ※紙/電子いずれも可(例:英国NHS Covidパス、EUデジタルCOVID証明書等)
    印刷されたワクチン接種記録/証明書 
      ※国や地方自治体レベル または 認可されたワクチン提供機関によって発行されたもの(例:CDC接種記録カード等)
    ワクチン接種記録/証明のデジタル画像 
      ※公衆衛生当局、政府機関 または 認可されたワクチン提供機関からダウンロードしたもの(例:QRのない携帯アプリ等)
完全接種要件 アメリカ食品医薬品局承認ワクチンリスト 及び 世界保健機関緊急使用承認リスト記載のワクチンを下記の通り接種
・1回接種が必要な承認されたワクチンを完全接種してから14日以上経過していること
・2回接種が必要な承認されたワクチンの2回目接種完了から14日以上経過していること
・承認されたワクチンの混合接種を少なくとも17日間隔で実施し、2回目の接種完了から14日経過していること
有効なワクチン 2回接種型 ファイザー/ビオンテック(Pfizer-BioNTech)
モデルナ(Moderna)
アストラゼネカ(AstraZeneca)
コビシールド(Covishield)
BIBP/シノファーム(BIBP/Sinopharm)
シノバック(Sinovac)
1回接種型 ヤンセン/ジョンソン&ジョンソン(Janssen/J&J)
証明書タイプ 書面 もしくは 電子情報(Electronic Copy)
例外規定とその該当者の扱い

ワクチン接種未完了の非移民のうち、以下のカテゴリーのいずれかに該当する場合は、カテゴリー毎に指定される必要書類を用意し、必要な宣誓を行うことで、ワクチン接種証明提示義務の適用から除外されます。

アメリカ疾病対策センター(CDC)|Procedures for Confirming Documentation of Excepted Covered Individuals Who Do Not Present Proof of Being Fully Vaccinated

  • 外交官 または 外国政府の公式訪問団
  • 18歳未満の子供
  • ワクチン接種に医療上の禁忌がある者
  • 特定のワクチン治験参加者
  • 人道 または 緊急の理由により例外規定の適用が認められる者
  • 有効な非移民ビザ(B-1[短期商用]または B-2[短期観光]ビザを除く)を所持し、かつワクチン供給に限りがある国の市民
  • 米国軍の構成員 及び その配偶者・子供(18歳未満)
  • C-1 または Dの非移民ビザを所持する船舶乗務員
  • 国務長官、運輸長官、国土安全保障長官 もしくは 彼らの指名を受けた者により、その入国が国益にかなうと決定された者

❺ 宣誓書(Attestation)の作成

2歳以上の非米国市民・非米国移民・非永住者の方は「有効なワクチンを完全接種したこと」または「ワクチン接種をしていない正当な理由」の宣誓(attest)を行った 宣誓書(Attestation)を搭乗前に航空会社に提出 する必要があります。

米国疾病予防管理センター(CDC)|Amended Order: Implementing Presidential Proclamation on Safe Resumption of Global Travel during the COVID-19 Pandemic

宣誓書|Attestation(ダウンロード)

  • 宣誓書は2歳以上の全ての旅客が対象で旅客毎に提出が必要です
    (2~17歳の子供による宣誓は、法律により別途認められている場合を除き、親 または その他権限のある者が行います)
  • 肉体的・精神的な障害等により旅客本人が宣誓できない場合は、近親者・法定代理人・旅行代理店等の権限ある者が宣誓することができます
  • 2~17歳の子供の場合は、ワクチン未接種でも米国への渡航が認められていますが、下記の宣誓が必要です

    ・入国3~5日後に自主的に新型コロナ検査を実施すること(過去90日以内に感染後回復した証明書がある場合を除く)
    (To be tested with a COVID-19 viral test 3-5 days after arriving in the United States, unless I have (or the person has) documentation of having recoverd from COVID-19 in the past 90 days)
    ・5日間自主隔離を実施し、隔離中周囲に他者がいる場合はマスクを着用すること
    (To self-isolate for a full 5 calendar days and properly wear a well-fitting mask any time I am around others during my isolation period and for an additional 5 days after ending isolation)
下記の①または②のいずれかを宣誓します
① 有効なワクチンを完全接種したこと(Proof of being Fully Vaccinated Against COVID-19)
② ワクチンを接種していない正当な理由(Proof of being excepted from the requirement to be Fully Vaccinated Against COVID-19)

記入可能な宣誓書(Fillable Attestation)

英語(English)

スペイン語(Spanish)

中国語(Chinese)


❻ アメリカ入国手続き 及び 滞在について

到着後の検査と自主隔離の推奨事項

米国疾病予防管理センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)は、外国から米国へ入国する旅行者の検査および自主隔離の要否について、主に以下のとおり 推奨事項 を示しています。

米国疾病予防管理センター(CDC)|Non-U.S. Citizen, Non-U.S. Immigrants: Travel to and from the United States

  • ワクチン未接種・接種未完了の非移民は原則米国に入国できませんが、ワクチン接種証明提示義務の例外規定によりワクチン接種未完了のまま入国する非移民は、以下①~④の全て/一部が義務化されています

    米国疾病予防管理センター(CDC)|If you are not fully vaccinated and allowed to travel to the United States by air through an exception

    ① 米国入国3~5日後にCOVID-19検査を受けること
    ② 入国後の検査が陰性であっても、丸5日間は自己隔離すること
    ③ 入国後の検査が陽性の場合 または 症状がある場合は丸5日間は自己隔離し、10日間は他者と接する場合はマスク着用
    ④ 60日を超えて滞在する場合、適切な時期に速やかにワクチン接種手配を行うこと
米国入国後の検査及び自主隔離の推奨事項
全ての渡航者 到着後3~5日以内に検査を受ける(陽性結果が出た場合、自主隔離)
COVID-19の症状を自己観察する(症状が出た場合、自主隔離および検査)
州および地域(州政府、地方政府)の推奨事項または要件に従う
ワクチン接種済みでも
ブースター接種未完了の非移民
到着後丸5日間は自己隔離を実施する

マスク着用義務について

2022年4月18日、米国疾病予防管理センター(CDC)及び 運輸保安庁(TSA)は、公共交通機関 及び 交通ハブにおけるマスク着用義務の解除を発表しました。

米国疾病予防管理センター(CDC)|Requirement for Face Masks on Public Transportation Conveyances and at Transportation Hubs

・公共交通機関(例:航空機、船、電車、地下鉄、バス、タクシー、ライドシェア)
・交通ハブ(例:空港、バス/フェリーターミナル、電車/地下鉄駅、海港、入国港)

ただし、感染レベルが高い地域においては、公共の屋内環境においてマスクを着用することが推奨されています。

米国疾病予防管理センター(CDC)|COVID-19 Community Levels


❼ 日本到着時の手順:水際対策、入国制限、査証制限、陰性証明書、スマートフォンアプリ、誓約書等必要な手続き

日本政府は、変異ウイルスの感染拡大を受け、新規感染者の減少傾向を継続させ、再拡大(リバウンド)を防止すべく、日本に入国されるお客さまに対する入国制限と検疫体制の一層の強化を発表しております。

日本への入国・帰国に際して必要となる書類と手続き手順を纏めました。
弊社では一部の手続きをサポートしています。

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。