海外

2020.09.16

ジョージア 国際定期便の離発着制限を延長(~2020年10月31日)

● ジョージア民間航空局は、国際線の離発着制限を10月31日まで延長する旨発表しました。

● 16日午前11時現在、ジョージア国内において感染者2758名(死亡者19名、治癒者1412名)が報告されています(累計)。

1 ジョージア民間航空局(GCAA)は、同局のホームページ上において、9月30日まで有効であった国際定期便の離発着制限を10月31日まで延長する旨発表しました。これにより、8月から再開が許可されたトビリシとミュンヘン・パリ・リガの三都市を結ぶ定期便及び各航空会社による臨時便を除き、10月中も原則として国際定期便の発着は行われないことになります。

 トビリシ発着の臨時便フライト予定については,ジョージア民間航空局ホームページ上で公開されていますので,利用を検討されている方は各航空会社にお問い合わせ下さい。

https://gcaa.ge/eng/news.php?id=6284
http://www.gcaa.ge/eng/tbilisiout.php

2 16日午前11時現在、ジョージア国内において感染者2758名(死亡者19名、治癒者1412名)が報告されています(累計)。

 先週半ばより、アジャラ地方における感染拡大の他,トビリシ,クタイシ等でのクラスターの発生により感染者数が急速に増加しています。今後のさらなる感染拡大の可能性も否定できませんので、引き続き、 

   3つの密(密閉・密集・密接)の回避
   手洗い・うがいの励行
   咳エチケット
   マスクの着用

などにより、感染予防に努めるようお願い致します。

3 発熱や継続的な咳、味覚障害など、コロナウイルス感染が疑われる症状を自覚した場合には、直ちに【112】に電話をして指示を仰いで下さい。その際には、可能な限り末尾の当館連絡先にもご連絡いただきますようお願い致します。

在ジョージア日本国大使館
電 話:(+995-32)275-2111、2114 
メール:consular@tb.mofa.go.jp
住 所:Krtsanisi street 9, Tbilisi, 0114, Georgia
H P:http://www.ge.emb-japan.go.jp/japan/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。