2020.07.28

マリ バマコ国際空港の閉鎖解除に伴う防疫措置

〇マリの首都バマコ国際空港の閉鎖解除に伴い、マリ入国に際しての新たな措置が導入されています。

〇マリ国内滞在中、各種防疫対策が求められています。

〇マリにて新型コロナウイルスの感染・疑いがあると診断された場合は、当館までご一報願います。

1 マリの首都バマコ国際空港の閉鎖解除に伴い、マリ入国に際しての新たな措置が導入されています。詳細は次のとおりです。

(1)バマコ国際空港(=モディボケイタ国際空港)では、全到着便の乗客につき、体温測定ならびにマリ保健・社会問題省または民間航空局のホームページに掲載されている問診票「FICHE DE SURVEILLANCE INFECTION A CORONAVIRUS AUX POINTS D’ENTREE」による問診が実施されています。

(2)入国から遡って3日以内に発行されたPCR検査の陰性証明書(仏語又は英語)の提示が求められています。

(3)到着時に体温37.5℃以上または問診等で新型コロナウイルス感染が疑われた場合、上記(2)の陰性証明書を所持していたとしても、空港内施設で検体採取を受けた後、「バマコ大学医学部付属病院(Point G)」など指定医療機関に搬送され、検査(有料)結果が出るまで隔離されます。

(4)上記(2)の陰性証明書を不所持の場合はバマコ空港にて検査(有料)を実施し、次の要領で検査結果を待つこととなります。

(ア)ホテル(有料)または自宅での自主隔離

(イ)いかなる状況においても防疫措置をとること

(ウ)検査陽性の場合→「バマコ大学医学部付属病院(Point G)」など指定医療機関に入院となります。

 注:陽性者の渡航書類(旅券等)は当局が一旦これを預かり、退院後に所持人へ返却されます。

2 マリ国内滞在中は、以下の防疫対策が求められてます。

(1)マスク着用による防護
(2)アルコールジェルによる手指消毒
(3)検温

3 マリにて新型コロナウイルスの感染・疑いがあると診断された場合は、当館までご一報願います。

(参考)
マリ保健・社会問題省(Ministere de la Sante et des Affaires Sociales du Mali)
http://www.sante.gov.ml/

(現地大使館連絡先)

○在マリ日本国大使館
  住所:Avenue du Mali、devant le Ministere de l’Economie et des Finances、 Hamdallaye ACI2000、 Bamako Mali
  電話(市外局番なし)4497-9220
  国外からは(国番号:223)4497-9220
  FAX:(市外局番なし)4490-4947
  国外からは(国番号:223)4490-4947
  緊急携帯電話(夜間、休館日):(市外局番なし)6675-3326
  国外からは(国番号:223)6675-3326
  ホームページ:http://www.ml.emb-japan.go.jp/j/index.html

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。