海外

2020.07.10

オーストラリア ACT政府はVIC州からACTへ戻るACT住民に対し通知を義務化

【ポイント】

●7月10日、ACT政府は、VIC州からACTへ戻るACT住民に対し、14日間の自己隔離する施設の詳細をACT Healthに通知しなければならない旨発表しました。

【本文】

ACT政府は、既に発表しているとおり、7月8日午前12時01分から、VIC州からACTへの来訪(ACT住民を除く)を同措置の免除措置を受けていない限り、拒否するとしていますが、7月10日に新たに発表された概要は以下のとおりです。

1.ACT Healthへの通知(ACT住民)

ACT住民はVIC州からACTに戻ることが可能ですが、VIC州を離れて以降14日間隔離する施設の詳細をACT Healthに通知する必要があります。

ACT Healtへの通知要領については下記を参照ください。

https://actredcap.act.gov.au/redcap/surveys/?s=JJHXMHH3KX

2.免除措置(ACT住民を除く)

ACT住民を除き、VIC州からACTへの来訪は原則として禁止されていますが、特別に来訪する必要がある場合は、来訪予定日の少なくとも48時間前までに免除を申請する必要があります。また、ビジネス又は輸送等の理由でACTを通過する場合は、免除を申請する必要はありません。

免除申請の要領については下記を参照ください。

https://www.covid19.act.gov.au/exemption-application

3.隔離要領(共通)

住居で14日間自己隔離する場合は、他の居住者から適切に隔離する必要があります。隔離が必要な人は、理想的には独立した寝室とバスルームを持ち、隔離をしていないほかの居住者と同時に共同スペースで過ごすことを避けるべきです。これができない場合は、ホテルまたはその他の承認された施設で隔離する必要があります。ACT Healthは、予約可能で適切な宿泊施設の詳細の提供を支援します(自己負担)。隔離目的でホテルの宿泊施設を利用する場合は、有効な予約の証拠が必要です。

本発表における詳細については下記を参照ください。
https://www.covid19.act.gov.au/news-articles/act-border-restrictions

在オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。