海外

2020.05.15

アルメニア 公共交通機関等利用時の注意

ポイント

・18日から再開する,公共交通機関,飲食店等の利用に当たっての注意が発表されました。

本文

1 18日より再開する公共交通機関,飲食店等の利用に際しては以下の条件に注意が必要です。

(1)公共交通機関の利用に当たっては,マスク,手袋の着用及び備付けの消毒液を使った手指消毒が必要です。また,全長9メートル未満の旅客自動車(ミニバス,マイクロバスなど)については,固定座席以外の乗車が禁止され,立っての乗車はできません。

 なお,大型バスなどに立って乗車する場合は,他の乗客から1メートル以上離れなければなりません。

(2)タクシーの助手席には乗車できません。

(3)ホテルの宿泊登録客以外の利用はできません。

(4)飲食店内への入店時には,検温がなされ,熱や咳のある場合の入店が禁止されます。

2 警察官などからマスクの携帯について質問を受けると同時に身分確認を求められことことが予想され,旅券(長期滞在者の方は在留カード)等の身分証明書の携帯を強くお勧めします。

3 本日発表の新規感染者数は180人を超えており,新型コロナウィルスの感染リスクは規制緩和前よりむしろ高くなっている可能性があります。

そのため,徹底した感染予防対策がいよいよ重要となります。下記の参考情報リンクから,感染予防に関する情報をお読みいただき,最大限の自衛措置を講じるようお願いします。また,万が一ウイルス感染が疑われる場合は,下記の保健省ホットラインに加え,当館への連絡もお願いします。

【新型コロナウイルスに関する参考情報】

新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)ホームページ

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

保健省ホットライン(自己隔離中に感染症状が見られる場合)
 060 838 300番
 011 208 141番

ご質問等ありましたら,電話やメールで下記までお問い合わせください。

【問い合わせ先】

在アルメニア日本国大使館
所在地:23/4, Babayan Str., Yerevan, Republic of Armenia
緊急連絡先(領事):+374(41)434145
通常の大使館の代表電話番号は現在,応答できません。
メールアドレス:embjp@yv.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。