海外

2020.03.30

タイ(東京) 非常事態宣言内で入国を許可されている者以外はビザ申請不可

2020年3月30日現在、タイ王国大使館では下記のタイ政府発表の非常事態宣言内で入国を許可されている方以外はビザ申請ができません。

ビザ申請する際はメールにて予約が必要になっています。
ビザ申請時とタイへの航空機搭乗時それぞれに72時間以内に発行された英文診断書(健康上問題なく、航空機の搭乗可能であると記載がある診断書=Fit to Fly Certificate)が必要になります。

タイ王国大使館ホームページ(http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/8750/

 

タイ政府発表の非常事態宣言発令に伴う入国制限とビザ申請者へのお知らせ 
タイ政府発表の非常事態宣言発令に伴う入国制限について
 
1. 2020年3月25日に発表された非常事態宣言により、以下の場合を除きタイへの入国が原則禁止となりました。
 
a.  首相もしくは非常事態における責任者が必要性に応じ例外として許可した場合
b.  必要性のある輸送者(ただし業務終了後は早急に出国すること)
c.  業務のために入国する必要があり、出国の日時が明確に定められた乗り物の操縦者もしくは管理担当官
d.  外交/公用/UNパスポートを所持している者、タイ外務省が必要に応じて許可した個人もしくは機関の職員(その家族を含む)
e.  タイ国籍ではなく、労働許可証と再入国許可証を既に所持している者*、タイ政府機関から就労を許可されている者(WP3は含みません)
f.  タイ国籍者で、タイ大使館発行の証明書と健康上問題がなく、航空機の搭乗可能であると記載がある英文診断書を所持している者
 

2. 上記のdとeは、渡航時に72時間以内に発行された英文診断書(※健康上問題がなく、航空機の搭乗可能であると記載がある診断書‘Fit to Fly Certificate’)を航空会社の搭乗窓口と、タイ入国時に検疫所で提示する必要がある。 

3. 入国後は、必ずタイ保健省発表の感染拡大防止措置に従い行動すること。 

4. タイ入国管理局担当官は、タイ国籍以外の者でCOVID-19の検査結果が陽性だった者、もしくは検査を拒否した者に対し、タイ入国を拒否する権限を要する。 

5. 現在からタイ現地時間の2020年3月31日まで、タイ国籍以外の者がタイを経由し第三国へ渡航する場合、滞在時間が24時間以内であれば、経由可能である。ただし、航空機搭乗時とタイを経由している間は、英文診断書(※健康上問題がなく、航空機の搭乗可能であると記載がある診断書‘Fit to Fly Certificate’)を所持していること。 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。