海外

2020.03.13

オランダ 21日以内に中国、香港、イラン、イタリア、日本、韓国、シンガポールに滞在歴がある外国人はシント・マールテンへの入国不可

1 オランダにおける感染者数は、3月12日現在で11日より111名増の614名(死者5名)に上っています。北ブラバント州の感染者数はうち273名を占めています。

 感染者の居住地域については、オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)が運営する以下のウェブサイトをご確認ください。
https://www.volksgezondheidenzorg.info/onderwerp/infectieziekten/regionaal-internationaal/coronavirus-covid-19

2 3月12日、ルッテ首相、ブラインス医療大臣及びオランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)所長が記者会見し、国民に向けて追加的な新型コロナウイルス対策について発表しました。この対策に伴う措置は、本日(12日)より3月31日までオランダの全地域(北ブラバント州も含む。ただし、北ブラバント州については、状況が他の地域より深刻であるため、州政府より追って追加的措置がとられるであろうとの言及あり。)において適用するとしております。概要は以下のとおりです。

全住民に向けたもの
○ 風邪、咳、喉の痛み、熱の症状がある場合、自宅待機をし、社会的接触を避けるべきである。一方、症状が悪化するまで医師に電話をすべきではない。
○ 100名以上の会合は、オランダ全体で中止。これは、博物館、コンサートホール、劇場、スポーツクラブ等の公共施設やスポーツ大会にも適用する。
○ オランダ全体において、可能な限り自宅で勤務するか勤務時間を分散化することを要請する。
○ 老人や抵抗力の弱い人々への訪問を制限するよう要請する。

老人や抵抗力の弱い人々に向けたもの
○ 多くの人が集まる場所や公共交通機関を避けるべきである。

ヘルスケア関連のスタッフ及び必須部門のスタッフに向けたもの
○ これらの人々は、多くの仕事をすることが必要とされており、症状や発熱があるまで自宅待機をすべきではない。必要な場合には、雇用主と相談をすべきである。また、海外旅行をすべきではない。

教育機関に向けたもの
○ 小学校、中学・高校、専門学校、チャイルドケアは、引き続きオープンする。そこでは、ほとんど感染がなく、環境は国際的ではない。さらに、子供や若者は、ハイリスクグループではない。加えて、これらの教育機関を閉鎖した場合に親が仕事を休まざるを得なくなり、自宅待機できない職種に多大な影響をもたらすため、その社会的な結果は、重大であり、かつ、蔓延防止にほとんど貢献しない。ただし,風邪症状を持つ子供たち及び教師は,自宅待機すべきである。
○ 大学(含、HBO)が、(100人を超える)大規模な授業を行う場合には、オンラインで教育を提供するよう要請する。

3 シント・マールテン政府(Sint Maarten。オランダ王国の構成国の一つ。)は、3月12日、過去21日以内に中国(香港を含む。)、イラン、イタリア、日本、韓国、シンガポールに滞在歴がある者(オランダ人は除く。)の入国を制限する旨の発表を行いました。この措置は、すでに開始されており、過去21日以内に日本を含む上記の6か国に滞在歴がある場合は、シント・マールテンへの入国が禁止されることとなりますので、ご注意ください。

4 オランダ国内の感染者数は引き続き増加しています。オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の発表等により最新の情報の入手に努めるとともに、以下の感染予防対策を徹底してください。

○ 石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒を行う。
○ できる限り混雑した場所を避ける。
○ 屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすことや他人との密着を避ける。
○ 咳をするときは、ティッシュやハンカチなどで口や鼻を覆う。

5 なお,過去,大使館からお知らせしたメール等は,当館ホームページにてご覧になれます。
https://www.nl.emb-japan.go.jp/itpr_ja/r_corona.html

 

参考

オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)の最新発表(感染者数等)(英語)
https://www.rivm.nl/en/news/current-information-about-novel-coronavirus-covid-19

オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)新型コロナウイルスに関するQ&A(英語)
https://www.rivm.nl/en/novel-coronavirus-covid-19/questions-and-answers#039;s%20Novel%20coronavirus%20in%20China

厚生労働省新型コロナウイルス感染症について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

在オランダ日本国大使館
電話番号: +31-(0)70-3469544
Eメールアドレス: consul@hg.mofa.go.jp
ホームページ: https://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。