海外

2020.03.11

ガボン 中国、韓国、イラン、イタリアに滞在した方は14日間の検疫

 8日,ガボン政府は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する対策を発表しました。

1 対策概要

(1)COVID-19対策に関する特別基金の創設
(2)陸海空の全ての国境における対策の抜本的強化
(3)WHO公認施設であるフランスビル医学研究センター(CIRMF)に加え,首都リーブルビルの2検査機関における機材整備
(4)ガボン政府関係者及び公務員の国外への不要不急の出張制限
(5)感染のリスクが高い国への旅行及びその国からの渡航を制限し、これらの国から来てCOVID-19の症状を示すガボン人と居住者に対しては自動的に14日の検疫措置を講じる
※感染リスクの高い国として,ガボン政府は中国,韓国,イラン,イタリアなどを挙げています。(10日現在)
(6)COVID-19に関する国民への啓蒙強化

2 推奨措置概要

(1)ガボンにおける国際的なあらゆるイベントの延期
(2)握手,(欧州式の頬に行う)挨拶のキス,抱擁を行わないなどの衛生対策措置の厳守
(3)発熱や咳の症状を示している者との,あらゆる緊密な接触を避けること
(4)発熱や悪寒,咳や呼吸困難などの症状のある場合は,1410(フリーダイヤル)に相談すること

 新型コロナウイルス感染症を受け,各種入国制限等を導入・強化している国・地域が増えています。以下のリンクや現地報道などをご確認の上、最新の情報を入手するよう努めてください。

 また,新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された方は,当館までご一報ください。

参考:査証の制限についてのご案内(外務省HP)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/page1_000848.html

参考:外務省海外安全HP(国別感染者数、各国・地域における入国・行動制限措置等)
https://www.anzen.mofa.go.jp/

参考:ガボン政府及びガボン保健省HP
http://www.gouvernement.ga/#
http://www.sante.gouv.ga/

参考:厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

本件問い合わせ先
在ガボン日本国大使館 領事班
所在地:Boulevard du Bord de Mer, B.P.2259, Libreville, Gabon
電話番号:(+241)011-73-22-97 / 011-73-02-35
閉館時緊急連絡先:(+241)077-38-73-38

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。