海外

2020.03.07

アルメニア 中国、イラン、韓国、イタリア、日本から入国する方に14日間の電話問診

本日お伝えした,入国時の措置に追加事項があります。(※印以降が追加)

中国,イラン,韓国,イタリア,日本(※追加又は変更される可能性があります)から到着した者は,※アドレスカードに当地滞在先の情報の記入を求められ,14日間に渡り電話等による問診が行われます。その間の行動に制限はありません。

1 入国時及び入国後の措置

(1) 体温検査

 ズバルドノッツ国際空港(エレバン市)及びシラク国際空港(ギュムリ市)並びに全ての国境検問所(鉄道を含む)での入国に際して,入国審査の後,保健省係官により,国籍に関係なく全ての入国者を対象にサーモグラフによる体温検査を実施しています。また,発熱の有無に関わらず中国,イラン,韓国,イタリア,日本(※追加又は変更される可能性があります)から到着した者は,アドレスカードに当地滞在先の情報の記入を求められ,14日間に渡り電話等による問診が行われます。その間の行動に制限はありません。

(2) 問診及び検査

 発熱等が確認されれば,医務室にて問診の上,さらに感染の兆候がある場合,救急車にて病院へと搬送され,検査が継続されます。

(3) 検査で陰性の場合

 その後の行動に制限はありません。

(4) 検査で陽性の場合

 感染が確定すれば,原則病院で隔離措置の上,治療が行われます。

(5) 完治後の措置

 症状が快方し検査の結果陰性となった場合,隔離措置解除後も最大14日間医師の観察下(電話又は訪問による体温チェックや問診)に置かれ,居所からの移動を制限され,再度の検査の結果が陰性の場合に解除の指示がなされます。

● 当地での状況は日々変化しています。最新の情報に注意してください。

【新型コロナウイルスに関する参考情報】

1.新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸)
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html?fbclid=IwAR0mGSg0pcogc98Hb_syWiBaBG1-NVfu6sy15gcDhYjipMSw4lzL-sG4JlI

2.新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク(厚労省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

3.外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

【問い合わせ先】
在アルメニア日本国大使館
所在地:23/4, Babayan Str., Yerevan, Republic of Armenia
電話番号:+374(11)523010
夜間休日緊急連絡先:+374(41)434145
メールアドレス:embjp@yv.mofa.go.jp
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。