海外

2020.02.21

モンゴル 14日以内に中国、香港、マカオ、台湾に滞在、経由した方は入国禁止に変更

 2月21日(金),モンゴル外務省は,外国人等に対する入国制限の変更について,以下のとおり発表しました。今後も,新型コロナウイルス感染症対策に伴う措置が変更・強化される可能性がありますので,在留邦人及び邦人短期渡航者の皆様におかれましては,報道等により関連情報の収集に心がけていただきますよう,よろしくお願いいたします。                                     

【内容】

●過去14日間以内に,中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在・通過歴のある外国人・無国籍者に対し,モンゴルへの入国が禁止され,及び査証申請・発給が停止されます。
●この措置は,2月22日(金)午前0時から効力を発し,期限は3月29日(日)までとなります。

 従来の入国制限は,「2月5日(水)から3月29日(日)までの間,本年1月1日以降に中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在・通過歴のある外国人・無国籍者はモンゴルへの入国を拒否される」でした。

【過去14日間以内の解釈】
1.入国制限(例:邦人などの短期滞在査証取得免除者,有効な査証所持者)

 モンゴル入国日の前日から起算(つまり,前日を1日目)して,14日間以内に中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在し,又は通過していなければ,入国ができる。 

 2月22日(土)が入国日の場合,前日の21日(金)を1日目と起算して遡って計算すれば,14日目は2月8日(土)。8日から21日の間に,中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在・通過歴がなければ,モンゴルに入国することが可能です。

2.査証申請制限(例:邦人が長期滞在査証取得のため,査証申請する場合)

 査証申請日の前日から起算(つまり,前日を1日目)して,14日間以内に中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在し,又は通過していなければ,査証の発給申請が可能です。

 2月22日(土)に査証を申請する場合,前日の21日(金)を1日目と起算して遡って計算すれば,14日目は2月8日(土)。8日から21日の間に,中国(香港,マカオを含む)及び台湾に滞在・通過歴がなければ,査証発給の申請が可能となります。

【現在行われている国境管理措置(まとめ)】

●2月14日(金)から3月29日(日)までの間,中国との国境ポイント(空・陸路)からの出入国禁止(モンゴル人,外国人を問わず。)
●過去14日間以内に,中国(香港,マカオを含む。)及び台湾に滞在・通過歴のある外国人・無国籍者の入国禁止及び査証申請・発給の停止(2月22日午前0時から有効)

【問い合わせ窓口】
在モンゴル日本国大使館 領事・警備班  
EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA  
C.P.O.Box 1011  
Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia   
電  話:(976)11-320777   開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45  
FAX:(976)11-313332   メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。