日本橋夢屋

メニューを開く

2014.06.25

パキスタン: ラマダン期間中の注意事項等について

在パキスタン日本国大使館からのお知らせ
ラマダン期間中の注意事項等について
                   
1.テロに対する注意
本年は、6月29日頃よりラマダンとなる見込みです。過去には、その前後を含め、ラマダン期間中にテロ事件が発生しています。また、6月15日に開始された北ワジリスタン地域におけるパキスタン軍によるテロ組織掃討作戦の継続に伴い、今後、テロ組織からの報復攻撃が行われる可能性があることから、以下の4.の内容を考慮した慎重な行動をお願いいたします。


2.運転の際の注意
ラマダン期間中、イスラム教徒は一部の人々(妊婦、疾病者、子供等)を除いて、日の出から日没までの間、一切の飲食を絶ちます。ラマダン期間中の夕方頃はイフタール(日没後にとる食事)のため、家路を急ぐあまり車のスピードの出し過ぎ、注意力の散漫等が相まって、交通事故が多発する傾向にあります。更に、交通事故が発生した場合、双方の運転手はもとより、野次馬までもが異常な興奮状態に陥り、過去には集団で暴行を加えて死傷事件に発展したケースもありました。ついては、自動車を運転する際は、車間距離を十分にとり、細心の注意を払い運転することはもちろん、他車の動きにも気を配ることが大切です。また、運転手を雇用している方は、運転手の精神状態、仕草、様子をよく観察し、興奮している場合には諫める必要があります。


3.一般犯罪に対する注意
ラマダン期間中は、一般犯罪が増加する傾向にあります。車両盗難、車上荒らし、押込強盗、路上強盗、窃盗等一般犯罪の増加が予測されることから、普段よりも防犯対策に意識を向け、一般犯罪被害に遭わないようご注意ください。マーケットなどに車両を駐車する場合は、窓を閉めた上、必ず施錠するよう注意してください。運転手を雇用している方は、運転手に車両を監視するよう指導することをお勧めします。近年、市内においても、車両盗難や車上荒らしが発生していますので、車両を離れる際は貴重品を車内に置かず、施錠を徹底するよう心掛けてください。また、旅行等で長期不在となる場合、現金や貴重品の管理には十分に注意し、玄関、窓ガラス、各部屋の施錠を確実に行うよう留意してください。使用人を雇用している方は、いかなる理由があっても、第三者を勝手に住居内に立ち入らせないよう指導することをお勧めします。


4.当地での滞在中のその他注意事項
(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。
(2)空港利用を利用する場合の注意点は以下の通り。
 (ア)空港利用者以外の空港への接近については、必要最小限にする。
 (イ)空港を利用する場合には、日頃より時間に余裕を持った行動を心掛ける。
 (ウ)空港入場の際には車両渋滞等の混雑が予想されることから、入場待ち等の際には周囲の状況を警戒し、不審な状況を察知した場合には、その場から直ちに離れるようにする。
(3)攻撃の標的となりやすい場所(軍・警察等治安当局施設(含む車両、検問所等)、国連関係機関、政府機関、宗教関連施設、米国系有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、多数の欧米系の外国人が出入りする店舗等)にはできる限り近づかない。また、車両等で移動する際にも、同種の場所を避けるよう心掛ける。
(4)レストラン、マーケット及びバス停など人が集まる場所での用事は、混雑している時間を避け、短時間で効率的に行なうとともに、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。
(5)集会やデモが行われている場所には、決して近づかない。
(6)移動途中等に集会やデモに遭遇した場合、又は不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れる。
5.なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。
○在パキスタン日本国大使館ウェブサイト:
http://www.pk.emb-japan.go.jp/indexjp.htm
○外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=011#header
 

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。