海外

2014.06.11

ブラジル治安機関が発表した安全情報

在ブラジル日本国大使館ワールドカップ対策本部より

【W杯開催12都市】ブラジル治安機関が発表した安全情報(6月10日午前10時現在)


6月10日、ブラジル治安機関が発表した各試合開催都市の安全情報は以下のとおりです。各都市へ訪れる方・滞在される方は十分にご注意ください。


●クイアバ
注意を要する安全に関する情報は特に報告されていません。
●クリチバ
16日,アレーナ・バイシャーダ・スタジアム付近で同性愛者団体(LGBT)がデモを予定しています。スタジアム周辺では混乱も予想されますので,通行には十分に注意してください。
●サルバドール
12日〜13日,イグアテミショッピングなど市内のショッピングモール付近でデモが行われる予定です。また,16日からバス運転手などの組合がストライキを予定しています。
●サンパウロ
11日〜15日にかけて州内各地でW杯開催への反対やバス運賃の無料化を訴える運動(MPL)等多数の抗議デモが予定されています。
●ナタル
12日,公共交通部門の組合がストライキを予定しています。
●フォルタレーザ
11日,公共交通部門の組合がストライキを予定しています。
●ブラジリア
12日,バスターミナル付近でホームレス労働者運動(MTST)による抗議デモが行われる予定です。また,12日〜13日にかけて,官庁街及び郊外のガマ市で抗議デモが行われる予定です。W杯の試合には特段の影響はないと思われます。
●ベロオリゾンチ
12日〜14日にかけて,W杯の開催に反対するデモが予定されています。
●ポルトアレグレ
10日,先住民が土地や先住民保護区の指定等をめぐる抗議デモを予定しています。また,公共交通機関によるストライキが予定されています。
●マナウス
10日,建設労働者らがストライキを予定しています。また,11日午前8時から幼児への性的暴行に反対するデモ行進が予定されています。
●リオデジャネイロ
12日午前零時から空港関係職員らがストライキを予定しています。また,同日午後5時からW杯の開催に反対する抗議デモが行われる予定です。
●レシフェ
11日午後2時から消防隊及び軍警察が州政府に対して待遇改善を求めるイベントを予定していますが,大きな混乱はないと予測されます。

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。