海外

2019.12.20

オーストラリア 麻しん(はしか)に関する注意喚起

〈ポイント〉
○豪州国内で麻しん(はしか)の感染例が多く報告されており,注意が必要です。

〈本文〉

1 大洋州地域で,麻しんの感染例が多く報告されています。本年1月から12月18日までに,ニュージーランドで2172人,サモアで5424人(77人死亡),トンガで440人,フィジーで21人の感染が確認されています。オーストラリアにおいては,10月までに,276人の感染が確認されており,以降漸増しているようです。

2 つきましては,オーストラリアに滞在する方,またはこれから渡航を予定されている方は,麻しんに感染するリスクがあることを認識し,麻しんの予防接種を2回受けていない方は,受けることを検討してください。

3 今後,場合によっては集団発生も危惧されるため,保健当局から発出される麻しんの感染症情報にご留意いただき,注意を怠らぬようにしてください。

4 なお,マーシャル諸島およびソロモンにおいては,オーストラリア等の現在麻しんが流行している国からの入国者には,予防接種の証明が入国条件となっていますので,渡航を予定している方は事前にご確認ください。

5 併せて,外務省が発出している広域情報(海外における麻しん(はしか)・風しんに関する注意喚起(その3)もご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2019C132.html

【問い合わせ先】
在オーストラリア日本国大使館領事部
電話:02-6273-3244(代表)
FAX:02-6273-1848
メール:consular@cb.mofa.go.jp
大使館HP:https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。