海外

2019.12.18

マーシャルにおける麻疹(はしか)に対する水際措置

・マーシャル政府の勧告により,すべての旅行者に対し,マーシャル出入国時に麻疹予防接種証明書の提示を行う措置が実施されています。
・マーシャルに渡航・滞在される方は麻疹の予防接種及び予防接種を行った証明の準備・携行並びに航空会社等への証明書類携行の要否に関し、事前の御確認をお願い致します。

マーシャル政府より,今般の麻疹(はしか=Measles)流行拡大を防ぐための措置の一環として,すべての旅行者に対し,マーシャル出入国時の麻疹予防接種証明書提示を義務化する旨の通達がありました。

ご自身の予防接種の履歴や罹患歴を踏まえ,必要な対応を検討してください。

マーシャル国内での予防接種にあたっては,マジュロ病院又はクリニックにご相談ください。なお,流行地域やマーシャル政府による予防対策などは,状況に応じて変化する可能性があります。引き続きラジオ,新聞等の最新情報に留意して頂くとともに,万が一,罹患の疑いがある場合には,直ぐに病院で医師に相談してください。

この他,当地にてインフルエンザが蔓延していますので,この点も併せご留意ください。

(発表内容)
1.マーシャル出国時(マーシャル国民及びマーシャル在住外国人のみ)

(1)出生から6~11か月の人は,出国2週間以上前に麻疹の予防接種を受けたという証明書を提示しなければならない。出国時に同証明書を提示できない場合,出国できない。

(2)1957年以降に出生し,出生12か月以降の人は,麻疹の予防接種の最新情報証明書,または出国2週間以上前に麻疹の予防接種を受けたという証明書を提示しなければならない。出国時に同証明書を提示できない場合,出国できない。

2.マーシャル入国時(2019年12月10日から)

(1)1957年以降に出生し,出生12か月以降の外国人訪問者及び航空機乗組員は,搭乗前に,麻疹の予防接種の最新情報を示す,正式で捺印された証明書を提示しなければならない。入国時に同証明書を提示できない場合,入国できず,(マーシャルを飛び立つ)同じ飛行機に再搭乗させられる。

(2)マーシャル国民及びマーシャル在住外国人は,マーシャル到着時に,麻疹の予防接種の最新情報証明書を提示しなければならない。入国時に同証明書を提示できない場合,14日間自宅隔離され,マーシャル保健省によって予防接種を受けされられる。

【問い合わせ先】
在マーシャル日本国大使館
Embassy of Japan in the Republic of Marshall Islands AC Building, Jebel Weto, Delap, Majuro, MH 96960 (P.O. Box 300, Majuro, Marshall, 96960)
電話: (692) 625-3311
Fax: (692) 625-3312

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。