海外

2019.11.16

オーストラリア はしかの流行(クイーンズランド州南東部及びケアンズ近郊)

●最近、QLD州南東部及びケアンズ近郊で麻疹(はしか)が流行しており、保健当局が警報を発出しています。
●最新情報の入手に努め、感染予防及び適切な受診に努めて下さい。

 QLD州保健当局は、ブリスベンの南部、ローガン及びレッドランドコースト地域で合計24症例の麻疹が報告されており,また,ケアンズ及び同市近郊の内陸部においても5症例が報告されています。同地域の滞在者及び滞在予定者等は、症状に注意する必要があり、症状が出た場合、特に病気に対する免疫が不明な場合は、早期に医師の診察を受ける必要があるとして警報を発出しています。

麻疹は、空気感染する発疹性のウィルス感染症で、感染力が極めて強い感染症です。潜伏期間は10日から12日で、症状出現より前からも感染力があるといわれています。とくに、免疫力の低い、小児(予防接種未接種者)・妊婦・高齢者・癌患者に発病率が高く、重篤化しやすい傾向にあります。主な症状は、発熱、咳、鼻汁、発疹などです。肺炎や脳炎に移行することがあり、医療先進国でも患者1000人当たり1名の死亡があると推計されています。

対策として予防接種が有効ですので、過去の予防接種歴の確認と、必要により追加予防接種を検討してください。また、保健省や州保健当局からの注意や警報に従い、ご自身・家族の行動確認を行うとともに、感染の疑いがある場合には医療機関への連絡等を行って下さい。また、国外への渡航時には、行き先の感染症情報と自身の予防接種歴の確認もお願いします。

なお、感染拡大防止のため、病院の受診前には、まずは電話にて担当医へご相談下さい。

<参考情報>
QLD州保健当局HP
https://www.health.qld.gov.au/news-events/health-alerts/measles

厚生労働省(日本)HP
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

年齢で見る・不足している可能性のあるワクチンに関するHP
https://www.vaccine4all.jp/topics_I-detail.php?tid=48

国立感染症研究所(日本)HP
https://www.niid.go.jp/niid/ja/

 

<問い合わせ先>
 在ブリスベン日本国総領事館
 住所:Level 17, 12 Creek Street, Brisbane QLD 4000
 電話:07 3221 5188 / FAX 07 3229 0878

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。