日本橋夢屋

メニューを開く

2019.09.05

グアテマラ 非常事態宣言に伴う注意喚起

◆本日非常事態宣言が発せられました。
◆対象となる時期・場所は以下の通りです。
 時期:10月3日まで
 場所:イサバル県及びその周辺5県の中の22市
◆当該地域の取り締まりが格段に強化されている可能性があるため,外出される際には,当局に不審と思われることのないよう行動に注意するとともに,最新の関連報道等の情報収集をよろしくお願いいたします。

グアテマラにお住まいの皆様および旅行者の皆様へ
在グアテマラ日本国大使館

 本日9月4日(水)午後,非常事態宣言が発されました。(理由以下に記載)対象時期は,10月3日までで対象となる地域は以下の6県22市です。

◆ イサバル県
 ○ プエルト・バリオス
 ○ エル・エストル
 ○ リビングストン
 ○ ロス・アマテス
 ○ モラレス

◆ アルタ・ベラパス県
 ○ タクティク
 ○ セナウ
 ○ タマウ
 ○ トゥクル
 ○ パンソス
 ○ サンタ・マリア・カアボン
 ○ サンタ・カタリナ・ラ・ティンタ
 ○ チャアル
 ○ フレイ・バルトロメ・デ・ラス・カサス

◆ バハ・ベラパス県
 ○ プルラ

◆ サカパ県
 ○ グアラン
 ○ リオ・オンド
 ○ テクルタン
 ○ ウスマトラン

◆ エル・プログレソ県
 ○ サン・アグスティン・アカサグアストラン
 ○ サン・クリストバル・アカサグアストラン

◆ ペテン県
 ○ サン・ルイス

 この宣言は,9月3日,イサバル県エル・エストルにて麻薬取り締まり任務にあたっていたグアテマラ海軍の兵士3名が,麻薬関係者による待ち伏せにより殺害されたことによるものです。

 モラレス大統領は「非常事態を宣言することによりグアテマラ軍の能力を一時的に強化する必要がある」と述べています。そのため,当該地域の取り締まりが格段に強化されている可能性があるため,外出される際には,当局に不審と思われることのないよう行動に注意するとともに,最新の関連報道等の情報収集をよろしくお願いいたします。

在グアテマラ日本国大使館
電話:2382-7300(代)

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。