海外

2019.08.29

カメルーン 投獄の分離独立派指導者が反乱強化を呼びかけ【英語圏2州】

 英語圏での分離独立の動きにからみ,先日終身刑を宣告された分離独立派指導者ジュリアス・シシク・アユク・タベ氏が英語圏(北西州及び南西州)での反乱を強化するよう呼びかけています。分離独立派は,26日から英語圏での3週間に渡るロック・ダウン(封鎖)を宣言しており,今後の治安情勢は予断を許さない状況です。また,封鎖に伴い多数の避難民が他の州に流入し,情勢が悪化する可能性もあります。英語圏(北西州及び南西州)には近づかない一方,日頃から情報収集に努めてください。

緊急時は当館領事班に連絡をください。

○英語圏2州(北西州及び南西州)には危険レベル3(渡航中止勧告)が発出されています。英語圏2州には決して近づかないでください。

○ 参考資料   
   皆様の安全のために,外務省の各種リンクを貼付いたします。  

   カメルーン「安全の手引き」 
    https://www.cmr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000147.html

   カメルーン「海外安全ホームページ」 
    https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_098.html#ad-image-0

 ※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

緊急時は下記連絡先までご連絡ください。

在カメルーン日本国大使館 領事班
E mail: ryojicameroun@yd.mofa.go.jp
Cel: (237)677708915
Ambassade du Japon
1535, Rue 1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun (B. P. 6868)
Tel: (237) 2-2220-6202
Fax: (237) 2-2220-6203
http://www.cmr.emb-japan.go.jp/jp/index-jp.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。