日本橋夢屋

メニューを開く

2019.06.14

カンボジア デング熱の流行への注意

雨季に入りましたので,デング熱に注意してください。

1 デング熱は,蚊に刺されてうつる病気で,発熱や筋肉痛・頭痛などの症状があります。多くの場合は対症療法で治りますが,一部の人々,特に以前にデング熱に感染したことのある人はより重症化して,死に至ることもあります。

2 カンボジアを含む東南アジアでは都市部・農村部ともに,毎年流行がみられます。通常,5~10月の雨季には蚊の発生が増加し,それに伴いデング熱患者の数も増える傾向にあります。

3 プノンペン・シェムリアップにおいても,日本人のデング熱感染が確認されています。

4 今季も流行が続いていますので,在留邦人,旅行者などの皆様におかれましては,以下にご留意いただきデング熱に注意してください。

● デング熱の唯一の予防法は,蚊に刺されないことです。屋外では虫除け剤を塗ったり,長ズボンをはくなど肌の露出を少なくしてください。屋内では網戸や殺虫剤で蚊を駆除してください。
● お勧めできる予防接種はありません。
● カンボジア滞在中または滞在後1ヶ月以内に高熱が出たときは,医師の診察を受けてください。

【問い合わせ先】
在カンボジア日本国大使館  領事班  023-217-161
  consular.jpn@pp.mofa.go.jp
  https://www.kh.emb-japan.go.jp/

在シェムリアップ日本国領事事務所   063-963-801
  consuljp.rep@re.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。