海外

2019.05.03

ブラジル ミナスジェライス州におけるデング熱の増加

・ミナスジェライス州でデング熱感染が増加しています。
・ブラジル国内では各地でデング熱等の感染リスクが存在しますので,防蚊対策を心がけてください。

1 ミナスジェライス州保健局の発表によれば,4月29日現在,同州では2019年に入ってから165,853人のデング熱患者が北部及び西部の山林地域を中心に発生しており(前年同時期の約10倍),今後も患者数が増加する可能性があります(なお,リオ州におけるデング熱感染は,2018年12月30日~2019年4月13日までに6,748件と前年並みとなっています。)。 

2 デング熱とは,ネッタイシマカやヒトスジシマカなどの蚊によって媒介される感染症です。感染をすると4~7日間の潜伏期間を経て,高熱(38~40度)・頭痛・眼の奥の痛み・関節痛・筋肉痛・発疹などが出現し,1週間ほどで回復しますが,ときに重症化することがあります。

3 ブラジル国内では各地でデング熱,チクングニア熱,ジカウイルス感染症等,蚊の媒介で発症する感染症が多く発生しますので,虫除け剤の塗布や肌の露出を避けるなど防蚊対策を心がけてください。また,発熱等体調不良がある場合は,早めに医療機関を受診してください。

○参考情報:
・外務省HP 世界の医療事情 ブラジル
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/cs_ame/brazil.html

・厚生労働省HP デング熱
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000131101.html

・厚生労働省HP チクングニア熱
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000168030.html

・厚生労働省HP ジカウイルス感染症
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000109881.html

【問い合わせ先】
在リオデジャネイロ日本国総領事館
Praia do Flamengo, 200-10andar, Rio de Janeiro, RJ, Brasil 22210-901
電話: (55-21) 3461-9595
Fax : (55-21) 3235-2241
領事班メールアドレス: consular@ri.mofa.go.jp
総領事館HP: https://www.rio.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。