海外

2019.04.19

ハイチ 首都圏周辺におけるギャング同士による抗争及び凶悪犯罪についての注意喚起

●首都圏周辺におけるギャング同士による抗争及び凶悪犯罪が発生しており,注意が必要となっております。

1 首都ポルトープランス(Port-au-Prince)市マルティッサン(Martissant)地区及びカルフール・フイユ(Carrefour Feuilles)地区やカルフール(Carrefour)市周辺において,殺人・強盗・誘拐・強姦等の凶悪犯罪やギャング同士による銃撃戦等の抗争が発生しています。事態収束までの間,メディア情報等を注視していただき,国道2号線が通過する同地域の不要不急の通行は控えていただき,やむを得ず通行する場合には細心の注意が必要です。

 また,最近では,ラサリーヌ(La saline)地区やベレール(Bel Air)地区及びシテ・ソレイユ(Cite soleil)市周辺においても同様の凶悪犯罪や,同じくギャング同士による銃撃戦等の抗争が発生していますので,同地区付近(国道1号線や国道9号線)についても同様の対応をお願いします。

 なお,同地区での最近の治安悪化に伴い,ハイチ国家警察(PNH)によるスラム街を中心としたギャング等に対する掃討作戦や取締りを実施し,治安維持の強化を図っており,その反発で警察官や一般市民が巻き込まれる事案等が発生することが想定されるため,ギャング等が潜伏しているスラム街等に近づかないよう,白昼であっても細心の注意が必要です。

2 ポルトープランス(Port-au-Prince)市やぺチョンビル(Petion-Ville)市を含む首都圏周辺地域において,場所や時間帯を問わずバイクや自動車で尾行し,交差点や通行妨害等により停車したタイミングを狙い襲撃する手口や,女性の単独運転の車両等を狙ったレストランや銀行等での待ち伏せ,空港からの帰路を狙って複数人でいきなり銃を撃つような拳銃強盗がいくつも報告され外国人が事件に巻き込まれる案件が増えております。

 つきましては,従来から留意が必要なスラム街等周辺はもとより,空港や銀行等からの帰路やATM周辺への不要不急の立ち寄り(特に夜間)は控えていただくことをお勧めいたします。

 特に空港,銀行,レストラン及びスーパーマーケット等からの帰り道に不審者に尾行されないよう御注意願います。万が一不審者がついて来ていると思われる場合には,交差点等を数回同じ側に曲がる等して尾行を確認する等し,尾行が確定的になった場合には,さりげなくガードマンがいるような大きな施設に(ホテル等)に一端退避して様子をうかがう等安全策をとった上で,次の行動をとるようにしてください。

3 在外公館連絡先
在ハイチ日本国大使館
Hexagone 2F Angle Rues Clerveaux et Darguin,Petion-Ville,HAITI
電話:(509)2256-5885/3333
緊急時携帯電話(領事担当)
(1)(509)3486-6992
(2)(509)4647-5404
外務省海外安全ホームページTOP URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/
ハイチ大使館ホームページTOP  URL:http://www.ht.emb-japan.go.jp/j/
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。