日本橋夢屋

メニューを開く

2019.04.04

カンボジア ひったくり等への注意

● プノンペン都内及びその周辺で、ひったくり等の犯罪が多発
● 空港と市内を結ぶ幹線道路上での被害が増加
● 日本人も多数被害

・カンボジア国内、特にプノンペン都内やその周辺では、ひったくり等の犯罪が頻繁に発生しています。
・具体的には、トゥクトゥクや徒歩などで移動中に、バイクに乗った犯人がバッグやスマートフォンを強引にひったくることが多く、カバン等を引っ張られ、転落・転倒する等、一歩間違えば大怪我となるような犯行が多発しています。
・日本人も多数被害に遭っています。

【ひったくり等への具体的な対策】             
 ● パスポート、所持金、携帯電話は一緒にバッグに入れない。             
 ● 路上でスマートフォンやタブレットを不用意に操作しない。             
 ● 徒歩での外出時にバッグを携行する場合、肩紐が頑丈なリュックサック型を選び、しっかりと両肩に背負うか肩紐を両肩にかけて体の前で持つ。
● トゥクトゥクを利用する場合には、バッグ等を椅子や膝の上に放置せず、乗車後も警戒を怠らない。            
● バイクタクシーは、ひったくられた際に転倒する危険性が高いので利用しない。            

 また、プノンペン都内で日本人旅行者が被害者となる「いかさま賭博詐欺」が発生しています。       

   【いかさま賭博詐欺に関する注意喚起】        
        https://www.kh.emb-japan.go.jp/security/20180628.pdf       

 ※ 被害に遭われた場合には、大使館・領事事務所までご連絡ください。
          【在カンボジア日本国大使館  領事班】  023-217-161         
              consular.jpn@pp.mofa.go.jp              
              http://www.kh.emb-japan.go.jp/        
    

          【在シェムリアップ日本国領事事務所】  063-963-801          
              consuljp.rep@re.mofa.go.jp             

【ひったくり以外の犯罪も含めた最近の犯罪傾向や実際に被害が発生した事例とその対策の詳細については、以下の「海外安全対策情報:カンボジア」をご参照ください】             
        https://www.kh.emb-japan.go.jp/security/anzen-taisaku.pdf

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。