海外

2019.02.27

ブラジル 交通警察(Transit)とのトラブル

最近,交通警察(Transit)より交通規則違反等で注意を受けた在留邦人が、規定額を超えた高額な反則金を現場で要求されるケースや,賄賂を要求されるケースが散見されますので以下のとおりご注意ください。

1.概要

(1)最近,交通警察(Transit)より,交通規則違反等で注意を受けた在留邦人が、違反切符等を提示されること無く,反則金の規定額を大幅に超えた高額な反則金を現場で要求されるケースや,違反を無効とする代わりに多額の賄賂を要求されるケースが散見されます。

(2)一部の場合を除いて,交通警察が違反者から現場で反則金を徴収することはないため,以下の点につきご注意下さい。
 なお,レオン市における主な交通規則違反項目と今年1月から改定された各反則金額をレオン市交通警察より聴取したものを参考までに当館ホームページに掲載しましたのでご活用下さい。
※各都市により規則や反則金内容が異なりますのでご注意ください。
※本年2月時点での反則金額です。毎年改訂されますのでご注意下さい。
★アドレスを添付
https://www.leon.mx.emb-japan.go.jp/files/000450629.pdf

2.注意点

(1)一部の場合を除き(現場でのカード決済等),原則,交通警察が現場で反則金を徴収することはありません。銀行振り込み又は,近隣の警察オフィス等での支払を指示されるのが通常です。
(2)もし,反則金をその場で要求された場合は,必ず警察官から違反内容が記載された違反切符の提示を求めて下さい。
(3)市内では,交通規則違反をした場合,要求する反則金が違反者から支払われる迄の担保として,交通警察より以下のいずれか1つが現場で押収されますので,抵抗すること無く交通警察の指示に従うことをお勧めします。これらは反則金が支払われれば返却されます。
・交通許可証(Tarjeta de circlacion)
・運転免許証
・ナンバープレート

(4)交通警察より違反切符を提示されることなく,高額な反則金の支払いを強要されたり,違反を無効とする代わりに賄賂を強要された場合は,先ず,その警察官の身分証の提示を求めること。また,車両番号又は車体番号(車両側面に記載),可能であれば氏名を控えて「088」又は「ジャパンデスク(日本語・英語対応 01(800)976-7486)」に通報して,事情を説明して下さい。

(5)なお,脅迫まがいな言動で脅されて現金を搾取されるような対応を受けた場合は,後日,(4)で得た情報を持って,検察局へ「被害届け(Denunnciar)」を提出することをお勧め致します。

(6)「被害届(Denunnciar)」を提出した際は、当館に「被害届番号(no.Carpeta)」と事件概要をご通知下さい。

(7)日本とメキシコでは,交通規則や交通マナーも違います。現地の交通規則を良く理解して,安全運転を心掛け下さい。

(問い合わせ先)
在レオン日本国総領事館
Blvd. Adolfo Lopez Mateos No.1717 Piso 9, Col. Los Gavilanes, Leon, Guanajuato Tel +52(477)343-4800
Fax +52(477)764-0603(領事班)
Email ryojibu@lo.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。