海外

2019.01.21

モンゴル旧正月に伴う犯罪被害予防

2月5日(火)から7日(木)の3日間は、モンゴルにおける旧正月(ツァガーンサル)に伴う連休に当たりますが、例年、同期間中に盗難・強盗被害が多発する傾向にありますので、防犯対策を講じ、被害予防に努めてください。

 モンゴル国にお住まいの在留邦人及び旅行者の皆様へ

1.例年、ツァガーンサルが始まる数日前から、市場やスーパーマーケット等は買い物客で混み合いますが、同所でスリや置き引きなどの盗難や強盗の被害が多発する傾向にあります。現地警察当局の発表では、同期間中の盗難被害発生件数は、通常時の2~3倍に増加するとのことです。

2.盗難被害の発生状況を分析すると、所持しているバッグの中から財布など貴重品が盗まれるほか、上着の胸ポケットやズボンの後ろポケットに入れていた携帯電話が盗まれる傾向にあります。盗難・強盗被害を防ぐために次のポイントにご注意願います。また、被害に遭った際には、速やかに現地警察当局に被害申告をするとともに、大使館まで情報提供していただければ幸いです。

【スリ】
1.市場(ザハ)、デパート、バスの車内、駅、空港など人が多く集まる場所では特に用心を欠かさないでください。
2.上着の外ポケットや胸ポケット、ズボンの後ろポケットなど、外部から容易に触れられる場所には貴重品を収納しないでください。
3.リュックやバッグは気付かないうちに開けられたり、ナイフ等で切られることがあるので、常に視界に入れておいてください。

【置き引き】
1.レストランでの食事中や走行中の列車内など、どのような場合であっても、また、いかに短時間であっても、手荷物から目を離さないでください。
2.貴重品はできるだけ持ち歩かないでください。

【強盗】
1.夜間の一人歩きは極力避けてください。
2.観光案内や頼み事などを口実に近づいてくる者には用心してください。また、そのような人間から誘われても決してついて行かないでください。
3.持ち歩く現金や貴重品は常に必要最小限にとどめてください。
4.凶器や複数人による強盗に遭遇してしまった場合、無理な抵抗はせず、自分の身を守ることを優先してください。

【問い合わせ窓口】
 在モンゴル日本国大使館 領事・警備班  
 EMBASSY OF JAPAN IN MONGOLIA  
 C.P.O.Box 1011  
 Elchingiin gudamj 10,Ulaanbaatar 14210,Mongolia   
 電  話:(976)11-320777   開館時間:9:00-13:00,14:00-17:45  
 FAX:(976)11-313332   メール:consul-section1@ul.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。