海外

2019.01.02

ブルキナファソ 非常事態宣言の発出

○      1日,ブルキナファソ東部,北部及び南西部の14県に対し非常事態宣言が発出
○      首都ワガドゥグには発出されていないものの,引き続きテロへの警戒を

1日,東部,北部及び南西部の14県に対し非常事態宣言が発出されました。この非常事態宣言は,度重なるテロ攻撃を受け,昨年12月31日の臨時閣議で決定され,本年1月1日午前0時より非常事態宣言に関する大統領令が施行されたものです。

(1)非常事態宣言は発出された地方及び14県は以下のとおりです。

ブクル・ドュ・ムフン(BOUCLE DU MOUHOUN)地方
・コッシ(KOSSI)県
・スル(SOUROU)県

中央東(CENTRE-EST)地方
・クルペロゴ(KOULPELOGO)県

東(EST)地方
・グナグナ(GNAGNA)県
・グルマ(GOURMA)県
・コモンジャリ(KOMANDJARI)県
・コンピエンガ(KOMPIENGA)県
・タポア(TAPOA)県

オーバッサン(HAUTS-BASSINS)地方
・ケネドゥグ(KENEDOUGOU)県

北部(NORD)地方
・ロルム(LORUM)県

サヘル(SAHEL)地方
・ウダラン(OUDALAN)県
・セノ(SENO)県
・スム(SOUM)県
・ヤガ(YAGHA)県

(2)非常事態宣言の発出により,移動の制限,即時の家宅捜索が行われるほか,過激化を扇動する情報発信・集会,軍事情報の拡散が禁止され,この期間のテロ行為は軍事法廷で裁かれます。

(3)また,報道によれば,この非常事態宣言は12日間施行され,延長は国会の承認により行われるとのことです。

(4)この非常事態宣言は,首都ワガドゥグが所在するカディオゴ県には発出されていませんが,皆様方におかれましては,人通りが少ない場所,夜間の外出は極力控え,引き続きテロへの最大限の警戒をお願い致します。    

(5)テロに関して何らかの情報がある場合や,万が一,事件に巻き込まれてしまった場合は,直ちに大使館まで連絡をお願い致します。

在ブルキナファソ日本国大使館
(+226) 25 37 65 06/09

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。