海外

2018.12.19

マダガスカルにおけるペストの発生と麻しん(はしか)の流行について

●報道によれば,12月10日現在,60件のペストの症例が確定されています。
●今後も引き続き新聞,ニュース,インターネット等からの情報収集に努めて頂き,自らの身体の安全の確保に留意してください。

報道によれば,保健省は,8月1日より12月10日までの間に,60件のペストの症例が確定されたとしており,その内18人が死亡したとのことです。

   ペストは、現段階では,Ambalavao, Ambatofinandrahana, Ambositra, Anjozorobe, Ankazobe, Befotaka, Betafo, Manandriana, Miarinarivo, Midongy Atsimo, Moramanga, Tsiroanomandidy, Faratsiho の13地域で発生しています。先月の報告(43例、死亡14例、13地域)に比べ、新たな発生地域はありませんが、患者数は徐々に増加してきており、今後どのように推移するか予断を許さないところ,引き続き予防に努めていただくよう改めてお願いいたします。

   また,首都近郊及びAmbovombeを始めとするマダガスカル全土で、麻しん(はしか)が流行しているという情報があります。非常に感染力の高い疾患ですので注意が必要です。

   ご自分の麻しんワクチンあるいはMRワクチン接種歴,過去に麻しんにかかったことがあるかをご確認ください。発熱などの症状がある方は,早めに医療機関で受診してください。

今後も引き続き新聞,ニュース,インターネット等からの情報収集に努めて頂き,自らの身体の安全の確保に留意してください。

参考
◎ペスト情報HP:厚生労働省検疫所FORTH 感染症についての情報 ペスト
http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name37.html

◎麻しん情報HP:厚生労働省 感染症についての情報 麻しん
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

【問い合わせ先】
在マダガスカル日本国大使館領事班
代表電話:+261(0)20-22-493-57
緊急電話:+261(0)32-07-072-11(※開館時間外に緊急でお困りの方)
大使館ホームページ:http://www.mg.emb-japan.go.jp/jp/index.html
大使館ツイッターアカウント:https://twitter.com/JapanEmb_Madaga

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。