日本橋夢屋

メニューを開く

2018.12.19

マダガスカルにおけるペストの発生と麻しん(はしか)の流行について

●報道によれば,12月10日現在,60件のペストの症例が確定されています。
●今後も引き続き新聞,ニュース,インターネット等からの情報収集に努めて頂き,自らの身体の安全の確保に留意してください。

報道によれば,保健省は,8月1日より12月10日までの間に,60件のペストの症例が確定されたとしており,その内18人が死亡したとのことです。

   ペストは、現段階では,Ambalavao, Ambatofinandrahana, Ambositra, Anjozorobe, Ankazobe, Befotaka, Betafo, Manandriana, Miarinarivo, Midongy Atsimo, Moramanga, Tsiroanomandidy, Faratsiho の13地域で発生しています。先月の報告(43例、死亡14例、13地域)に比べ、新たな発生地域はありませんが、患者数は徐々に増加してきており、今後どのように推移するか予断を許さないところ,引き続き予防に努めていただくよう改めてお願いいたします。

   また,首都近郊及びAmbovombeを始めとするマダガスカル全土で、麻しん(はしか)が流行しているという情報があります。非常に感染力の高い疾患ですので注意が必要です。

   ご自分の麻しんワクチンあるいはMRワクチン接種歴,過去に麻しんにかかったことがあるかをご確認ください。発熱などの症状がある方は,早めに医療機関で受診してください。

今後も引き続き新聞,ニュース,インターネット等からの情報収集に努めて頂き,自らの身体の安全の確保に留意してください。

参考
◎ペスト情報HP:厚生労働省検疫所FORTH 感染症についての情報 ペスト
http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name37.html

◎麻しん情報HP:厚生労働省 感染症についての情報 麻しん
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html

【問い合わせ先】
在マダガスカル日本国大使館領事班
代表電話:+261(0)20-22-493-57
緊急電話:+261(0)32-07-072-11(※開館時間外に緊急でお困りの方)
大使館ホームページ:http://www.mg.emb-japan.go.jp/jp/index.html
大使館ツイッターアカウント:https://twitter.com/JapanEmb_Madaga

 

海外渡航・出入国トップ

海外出張(ビジネストラベル)のご相談はお気軽に、担当者が直接承ります。

国内航空券・ホテルのご相談はこちら
国内出張サービスについて

よくあるご質問はこちら。
お問い合わせの前にご確認ください。