海外

2018.11.28

ブラジル クリスマスの時期における囚人の出所について

 ブラジルでは、準保護観察となっている囚人(日中は一般人と同様に刑務所外で働き、夜は刑務所内に戻ってくる)が年5回、最大7日間の仮出所を取得できる制度がございます。

 キリスト教徒の多いブラジルでは、クリスマスが重要視されており、家族と一緒にクリスマスが過ごせるよう、この時期に仮出所する囚人が多数おります。
 また、例年、クリスマス直前に発令される大統領令により、一定の条件を満たす囚人についても恩赦がなされ、仮出所が認められます(強盗殺人犯やレイプ犯といった凶悪犯罪人は対象外)。
 しかしながら、例年、期限が過ぎても刑務所に戻らない囚人が一定数おり、数%が逃亡者として指名手配されます。

 つきましては、クリスマスの時期には、犯罪が増加する傾向にあると言われておりますので、外出される際は、普段以上にご注意ください。
 また、治安当局関係者によれば、クリスマスの他、母の日(5月第2週日曜)、父の日(8月第2週日曜)、国家守護神の日(10月12日)、万霊節(11月2日)の時期にも、仮出所する囚人が多いとのことですので、ご注意下さい。

【参考:サンパウロ州内の年末年始における仮出所者数の推移(サンパウロ州刑務管理局)】
2007年 17,968人 / 1,143人(6.4%)
2008年 20,514人 / 1,520人(7.4%)
2009年 23,331人 / 1,914人(8.2%)
2010年 23,639人 / 1,681人(7.1%)
2011年 22,291人 / 1,518人(6.8%)
2012年 22,848人 / 1,478人(6.5%)
2013年 23,933人 / 1,318人(5.5%)
2014年 27,939人 / 1,535人(5.5%)
2015年 29,232人 / 1,339人(4.6%)
2016年 33,093人 / 1,524人(4.6%)
※仮出所者数/逃亡者数(割合)の順

【問い合わせ先】
 在サンパウロ日本国総領事館 領事部 邦人保護班
  電話  (55-11)3254-0100
 メール cgjassist@sp.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。