海外

2018.11.28

ブラジル クリスマスの時期における囚人の出所について

 ブラジルでは、準保護観察となっている囚人(日中は一般人と同様に刑務所外で働き、夜は刑務所内に戻ってくる)が年5回、最大7日間の仮出所を取得できる制度がございます。

 キリスト教徒の多いブラジルでは、クリスマスが重要視されており、家族と一緒にクリスマスが過ごせるよう、この時期に仮出所する囚人が多数おります。
 また、例年、クリスマス直前に発令される大統領令により、一定の条件を満たす囚人についても恩赦がなされ、仮出所が認められます(強盗殺人犯やレイプ犯といった凶悪犯罪人は対象外)。
 しかしながら、例年、期限が過ぎても刑務所に戻らない囚人が一定数おり、数%が逃亡者として指名手配されます。

 つきましては、クリスマスの時期には、犯罪が増加する傾向にあると言われておりますので、外出される際は、普段以上にご注意ください。
 また、治安当局関係者によれば、クリスマスの他、母の日(5月第2週日曜)、父の日(8月第2週日曜)、国家守護神の日(10月12日)、万霊節(11月2日)の時期にも、仮出所する囚人が多いとのことですので、ご注意下さい。

【参考:サンパウロ州内の年末年始における仮出所者数の推移(サンパウロ州刑務管理局)】
2007年 17,968人 / 1,143人(6.4%)
2008年 20,514人 / 1,520人(7.4%)
2009年 23,331人 / 1,914人(8.2%)
2010年 23,639人 / 1,681人(7.1%)
2011年 22,291人 / 1,518人(6.8%)
2012年 22,848人 / 1,478人(6.5%)
2013年 23,933人 / 1,318人(5.5%)
2014年 27,939人 / 1,535人(5.5%)
2015年 29,232人 / 1,339人(4.6%)
2016年 33,093人 / 1,524人(4.6%)
※仮出所者数/逃亡者数(割合)の順

【問い合わせ先】
 在サンパウロ日本国総領事館 領事部 邦人保護班
  電話  (55-11)3254-0100
 メール cgjassist@sp.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。