海外

2018.11.17

ポーランド COP24に係る安全対策に伴うポーランド国境における出入国管理強化に関する注意喚起

●ポーランド内務・行政省は,カトヴィツェで開催される国連気候変動枠組条約第24回締結国会議(COP24)の安全対策の一環として,11月22日から12月16日まで,陸上国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。
●シェンゲン条約加盟国民以外は,国境を越える場合は入国審査が無くとも,本来(身分証ではなく)旅券の携行が義務づけられておりますので,同期間においては特に,空路,船のみならず,車,列車等でポーランドに出入国する場合にも,必ず旅券を携行してください。

1 11月16日,ポーランド内務・行政省は,陸上国境におけるシェンゲン協定国との出入国管理を一時的に再開する旨公表しました。
(注):シェンゲン協定とは,シェンゲン協定加盟国の域外から同加盟国域内に入る場合,最初に入域する国において入国審査が行われ,その後のシェンゲン協定域内の移動においては原則として入国審査が行われないといった協定です。
○シェンゲン協定域内国(2018年11月現在):26か国
アイスランド,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,ギリシャ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マルタ,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,リヒテンシュタイン

2 出入国管理の対象者はポーランド国境警備隊によって無作為に選定され,データベースによる照合等が実施されます。同措置は,12月3日から同14日までの間,カトヴィツェで開催される国連気候変動枠組条約第24回締結国会議(COP24)に必要な安全対策処置であり,11月22日から12月16日まで継続されます。

3 現在,ポーランドとシェンゲン協定国との間での出入国管理は,シェンゲン協定により簡易措置が講じられていますが,今回のポーランド側国境における出入国管理の一時再開の措置によって,シェンゲン協定国との出入国についても身分事項や滞在許可の確認が行われることが予想されます。シェンゲン条約加盟国民以外は,国境を越える場合は入国審査が無くとも,本来(身分証ではなく)旅券の携行が義務づけられておりますので,同期間においては特に,空路,船のみならず,車,列車等で国境を越える際にも,滞在許可証等に加え,必ず旅券を携行してください。

4 また,海外渡航の際には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,大使館又は総領事館が緊急時の連絡先を確認できるよう,必ず在留届を提出してください。( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet

3か月未満の旅行や出張などの際には,渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができるよう,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

●問い合わせ先
 在ポーランド日本国大使館 領事部
 代表電話:+48-22-696-5005(月曜~金曜日 9:00-12:30 13:30-17:00)
 閉館時緊急連絡先:+48-22-696-5000(当館代表番号から自動転送されます)
E-mail: cons@wr.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。