海外

2018.09.28

セネガル デング熱,発生報告(セネガル国内ファティク市)

保健省よりファティク市において,デング熱の発生が報告されました。
蚊の予防対策に配意してください。

 ダカールのパスツール研究所での検査によれば,23日の時点で6人が陽性(160人の被検査患者中),現在,ファティク地区を中心に追加調査実施中です。

 デング熱は,基本的には熱の出る疾患で,初期症状では,風邪やマラリア,ジカ熱などと区別がつきません。潜伏期間は4-10日で,感染しても無症状か1週間程度の発熱のみで終わることが多いのですが,数パーセントの事例で経過中に重症化することが知られています。通常の蚊対策で予防可能ですが,媒介蚊は日中にも活動します。袖の長い衣服、虫よけスプレーなどで蚊に刺されないように注意をしてください。

 最近では、昨年9月より本年1月のルーガ州で流行があり、138人の陽性者(ルーガ・129例、ダカール・5例、ファティック・2例、ティエス・2例)が確認されましたが,重症化もしくは死亡した患者はありませんでした。時期によっては,ダカール州でも感染が確認されています。

 日本においては,2014年夏には輸入例によりもち込まれたと考えられるウイルスにより150例以上の国内流行が発生しています。
 海外においては、従来,東南アジアや中南米で流行とされていましたが,近年,アフリカ大陸でも発生が確認されており,最近は西アフリカでの流行が報告されています。
 ヨーロッパでは,ブルキナファソ,コートジボワール,ガボン,セネガル,マリ,カメルーン,カーボヴェルデ等から帰国した感染者の報告が知られています。

 本件について,邦人に関する情報に接した場合には,大使館にご一報していただきますようお願いいたします。このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
 在セネガル日本国大使館
taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp
 Tel+221-33-849-5500,Fax+221-33-849-5555 (夜間緊急 +221-77-569-8103)

 

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。