海外

2018.06.19

カンボジア 特殊詐欺に対する注意喚起

最近、本邦在住者が、フェイスブック等で知り合った者から騙され、カンボジア国内の銀行に送金させられるなどの詐欺事案が発生しています。
相手の身元や話の内容を十分に確認するなど、被害に遭わないように十分に注意してください。

最近、本邦在住者が、フェイスブック等で知り合いとなった者から騙され、カンボジア国内の銀行に送金させられたなどの相談が当館に寄せられています。

犯人の手口としては、以下の様なものが報告されています。

・ カンボジア国内で○○(氏名)という日本人が死亡した。同人はカンボジアの銀行に数億円の預金がある。あなたは○○と同じ名前(姓)なので、合法的に遺産を相続できる。ついては、その手続きに係る費用(弁護士費用や税関での支払い等を理由にするケースが多い。)をカンボジアの銀行に振り込んでほしい。

・ カンボジア国内で○○(日系人の氏名)という某国人が死亡した。同人はカンボジアで会社をもっている。あなたは○○と同じ名前(姓)なので、合法的に会社(又は売却したお金)を譲渡することができる。ついては、その手続きに係る費用をカンボジアの銀行に振り込んで欲しい。

・ 自分は某国のジャーナリストである。シリアで負傷し、現在、カンボジアの病院に入院している。入院費用が足りなくなったので、カンボジアの銀行に送金して欲しい。

・ 自分は某国の女性軍人である。長期休暇が取れたので各国を旅行中である。日本にも行ってあなたと会いたいが旅費がなくなった。現在カンボジアにいるので、カンボジアの銀行に送金して欲しい。

 当国では、銀行口座開設の際、日本ほど厳格な審査等は行われておらず、また、使用者が特定できない携帯電話を容易に入手できることなどから、仮に当国警察に犯人が使用する銀行口座、携帯電話番号等の情報を提供しても、なかなか検挙に結びつかないのが現状です。

 フェイスブック等で知り合った者からの甘い話や送金依頼等があった場合、相手の身元や話の内容を十分に確認するなど、被害に遭わないように十分に注意してください。

【問い合わせ先】
在カンボジア日本国大使館 領事班
電話:023-217-161~164
Eメール宛先:consular.jpn@pp.mofa.go.jp
大使館ホームページ:http://www.kh.emb-japan.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。