海外

2018.01.30

パラオへの旅行者に対する新たな環境税について(その3)

●2017年12月27日にお知らせした情報を更新した本日(1月30日)現在の情報。
●2017年12月31日以前に購入した航空券にて、2018年1月1日以降にパラオに入国する旅行者(プリスティン・パラダイス環境税を支払っていない旅行者)からの出国時の50ドルの徴収は、2月以降も当分の間、継続する見通し。

 2018年1月1日、パラオへの旅行者に対するプリスティン・パラダイス環境税(PPEF)の徴収が開始されました。同日以降に販売されたパラオ行きの航空券には、PPEF100ドルが上乗せされています。

 2017年12月31日以前に購入した航空券にて、2018年1月1日以降にパラオに入国する場合、PPEFは徴収されませんが、2017年までと同様、出国時に空港にて50ドル(出国税20ドル+環境税30ドル)を支払う必要があります。この場合、出国時に2017年中に航空券を購入したことを示す書類を提示する必要があります。パスポートと搭乗券のほか、以下のいずれかを忘れずにお持ちください。

 ・航空券
 ・eチケット
 ・eチケットを購入したことを確認できる印刷物

 2017年12月27日の当館からのお知らせにて、同日の政府記者会見でサダン財務大臣が、PPEFを支払っていない旅行者からの出国時の50ドルの徴収は、2018年1月末で終了すると発言したとお伝えしました。これを踏まえ、2018年1月29日、当館からパラオ政府当局に対し、出国時の50ドルの徴収は実際に1月末に終了するのか問い合わせたところ、先方から、2017年12月31日以前に購入した航空券にて今後パラオに入国する旅行者がまだいることが判明したため、2月以降も当分の間、出国時の50ドルの徴収を継続する見通しであるとの回答がありましたので、お知らせいたします。

【問い合わせ先】
在パラオ日本国大使館領事班
電話: (+680) 488-6455/6456 FAX: (+680) 488-6458
メール: jpembassy.palau@kx.mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

電話でのお問い合わせ

日本全国のお客さまをサポート

日本橋夢屋は、東京・名古屋・大阪・福岡に営業所を設け、
日本全国のお客様をサポートいたします。
お近くの営業所へお気軽にご相談ください。

東京本社

平日9:00~18:00
土曜10:00~17:00
※日・祝休み

名古屋営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

関西営業所(大阪)

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

福岡営業所

平日9:00~18:00
※土・日・祝休み

メールでのお問い合わせ

お問い合わせから見積り依頼まで

海外・国内出張に関わることなら何でも、
お気軽にご相談ください。
見積り依頼もお受けいたします。

お問い合わせ・資料請求

サービスに関するご質問や資料請求は
下記フォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。