海外

2018.01.09

セネガル 砂塵(ハルマッタン)飛来による大気状態悪化

・砂塵による健康被害にご注意ください。

 

毎年12月から3月の乾季には、砂塵(ハルマッタン)が飛来し、ダカール市内の5カ所で大気の状態を計測し、大気質指数(AQI)として報告されています。

大気汚染物質の環境基準は各国で異なりますが、年末から、AQIの4段階で最も悪いと報告された日が数日あり、最も悪いとされる日のAQI中の1つの指数PM10は、米国環境基準において”異常事態”とされる濃度に相当します。

PM10は、日本では黄砂が知られ、目・鼻・喉への刺激や、喘息症状の悪化が報告されていますが、その粒子状物質を長期間吸入することで、呼吸、循環器系疾患による死亡リスクの増加も報告されています。

大気の状態は、Centre de Gestion de la Qualité de l'Air http://www.air-dakar.org

で知ることができます。

大気状態が悪化している場合には、屋外で、呼吸が激しくなるような運動や活動は避けるようにし、屋内では、窓などの開口部から埃の侵入を減らす工夫や、空気清浄機の使用、空気の乾燥に対する濡れタオルや加湿器の利用を検討してください。

特に、小児、高齢者、呼吸器系や循環器系の病気のある方は注意してください。

なお、計測はダカール市内で行われていますが、その他の地方についても同様(場合によってはより注意が必要)ですので、くれぐれもご留意ください。

 

本件について、その他参考となる情報に接した場合には,大使館にご一報していただきますようお願いいたします。

 

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

 

【問い合わせ先】
在セネガル日本国大使館
taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp
Tel+221-33-849-5500,Fax+221-33-849-5555
(夜間緊急 +221-77-569-8103)

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。