海外

2017.03.28

カメルーン 髄膜炎感染の疑いのある人の死亡が確認されました

 カメルーン在留邦人の皆様

 ヤウンデ市内で髄膜炎(meningitis)感染の疑いのある人の死亡が確認されました。また髄膜炎ワクチンには2種類あり,内1種類(4価)が今回確認された髄膜炎に効果があることが分かりましたので,本メールを送信します。

【WHOからの情報】

3月9日、ヤウンデ市コンデンギ地区にある中央刑務所内で髄膜炎の感染患者2名が確認されました。現在まで、感染患者23名が確認され、内9名が死亡しています。今回の髄膜炎はY型とW135型が確認されています。

【髄膜炎ワクチンについて】

カメルーン渡航の際に推奨されている髄膜炎ワクチンには2価と4価の2種類があり、2価はA型とC型、4価はA型、C型、Y型とW135型に効果があります。今回ヤウンデ市で確認された髄膜炎に対して、2価ワクチンは効果がありません。

 在留邦人の皆様におかれましては、以下の点に注意して下さい。

1 4価ワクチンの接種を受けること

 2価ワクチンの予防接種受けた方又はどちらのワクチンの予防接種も受けていない方で、カメルーンを渡航される予定のある方は髄膜炎4価ワクチンの予防接種をお勧めします。

2 4価ワクチンの接種については、可能な限り渡航前に接種を受けること

3 やむを得ず、カメルーンで接種を受ける必要がある方はヤウンデ市内にあるパスツールセンターでの接種をお勧めします。同センターの場所が分からない方は、荒田までご連絡を下さい。

 ご不明な点がある場合、いつでも荒田までご連絡をお願いします。

   在カメルーン日本国大使館
   領事 兼 警備対策官  荒田 雄二
   (+237)222-206-202/(+237)690-102-754
   (+237)677-708-915
    yuji.arata@mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。