海外

2017.02.03

カメルーン 北西州で牛炭疽発生

カメルーン北西州で発生した牛炭疽に関する情報を入手しましたので、注意喚起のため本メールを送信します。

【情報概要】

 1 1月19日、北西州フンドン(Fundong)周辺の農場で炭疽菌による疑いのある牛の死亡例発生
 2 1月25日、牛の死骸から採取した検体に炭疽菌の存在を確認。
 3 1月29日、保健省の緊急チームが出動し、各種予防措置を実施

 WHOによれば、「現時点では人への感染例は疑いも含めて認められない。ただし、当初牛炭疽が確認された農場とは別の農場1か所でも牛炭疽が確認されており、感染牛との接触可能性のある人物は想定していた数より多いと考えられる」とのことです。

 在留邦人の皆様におかれましては以下の点に気をつけて下さい。
 1 牛、その他の病気の動物及び死骸に触れること
 2 肉を食べる場合は十分に加熱すること
 3 既に病気の動物の肉を食べていて、皮膚に異常が出た場合、直ちに医療機関で受診をすること
 4 現段階では人間への感染は確認されていませんので冷静に対応すること

 ご不明な点がある場合、いつでも大使館の荒田までご連絡をお願いします。

  在カメルーン日本国大使館
  領事 兼 警備対策官  荒田 雄二
(+237)222-206-202/(+237)690-102-754
(+237)677-708-915  yuji.arata@mofa.go.jp

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
出入国条件や渡航可否、ビザ要否の問い合わせのお電話をたくさんいただいておりますが、当社は航空券手配をはじめ、渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館、入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さいませ。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。