海外

2017.01.19

ブラジル 黄熱病の流行

2017年1月18日

海外安全情報(黄熱病の流行)

本年に入ってから、ミナス・ジェライス州を中心に、黄熱病の流行がみられます。同州保健局によれば、2017年に入ってから1月17日現在で既に184件の黄熱病疑い例が確認されており、53件で死亡が確認されています。

【黄熱病とは】
蚊が媒介するウイルス病です。森林地帯の猿などにも感染します。潜伏期は3~6日間で高熱で発症し,20%は重症化して肝不全を伴い死亡します。予防接種がありますので,森林地帯に入る場合は予防接種が必要です。
以下厚生労働省検疫所HP参照http://www.forth.go.jp/useful/yellowfever.html

【発生状況】
● ミナス・ジェライス州保健局によれば、本年1月1日から1月17日までに184件の黄熱病疑い例が確認されており、53名が死亡しています。
● 1月17日付当地主要紙「オ・グローボ」によれば、ミナス・ジェライス州の26市で黄熱病の発生が確認されています(都市部での発生は現時点確認されていません)。
● 2000年以降、ブラジル国内で100件以上の黄熱病の発生が確認された年はなく、上記の通り、ミナス・ジェライス州で本年に入ってからわずか半月余りで150件を超える疑い例が確認されるのは異例と言えます。

【当館から】
● 現在、黄熱病の流行は山間部でのみ確認されており、ベロ・オリゾンテ市を初めとしたミナス・ジェライス州の都市部において黄熱病が発生したとの報告はありませんが、同州に渡航の際は必ず黄熱病の予防接種を受けるようにしましょう。

 

 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。