海外

2015.06.15

バーレーン:ラマダン期間中の注意事項について

平成27年6月14日
在バーレーン日本国大使館
 
1 ラマダン期間中の注意事項
当地では、6月18日頃から7月18日頃までの間、イスラム教のラマダン(断食月)の予定となっています。
この間、当地在住のイスラム教徒は日の出前の礼拝を呼びかけるアザーンから日没まで断食(喫煙を含む)を行います。
ラマダンは、一年の内で最も神聖な月とされており、この期間、官公庁の執務時間が短縮され、大半の飲食店は閉店又は日没後に開店するなど、普段以上に公共の場及び共同作業等の場におけるイスラム教徒への配慮が求められる期間となります。
ラマダン期間中は、次の注意が必要です。
(1)イスラム教徒以外の外国人であっても、断食が行われている日中において、公然と飲食(喫煙を含む)を行った場合には、イスラム教を軽視する行為と受け止められ、周囲のイスラム教徒とトラブルが生じたり、あるいは警察の取締を受けることとなる可能性があります(例年、警察は取締を行っております)。
(2)断食を行っている人は、車の運転に求められる集中力や判断力及び忍耐力が普段より低下している可能性があります。
車の運転のみならず、これら判断力が低下している人との関わりの中で、些細なことが大きなトラブルになる可能性もあります。
(3)官公庁等の執務時間が短縮されるため、各種届出、申請等の窓口業務が混雑する可能性があります。
(4)ラマダン期間中は毎日、日没と共に断食の時間が終了し、モスク等においてイフタール(日没後の食事)が無料で提供され、マグリブ礼拝(日没後の礼拝)が行われます。この時間帯(概ね18:30~20:00)は、タクシーの確保が困難になる可能性があります。
 
2 当館領事窓口の開館時間の変更
ラマダン期間中の当館領事窓口の開館時間は、8:30~13:30となりますので、ご留意ください。

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ・資料請求 メールマガジン登録

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
サービスに関するご質問や資料請求、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

見積り依頼(無料)

ホテル、航空券、ビザ取得(海外のみ)の見積り依頼は
下記フォームよりご連絡ください。