海外

2022.08.03

マカオ|入境時の医学観察期間等の短縮

8月2日(火)、マカオ政府は、8月6日(土)から、香港、台湾又は外国からの入境者で以下の条件を満たす者に対し、医学観察期間を現行の10日から7日に短縮、また医学観察期間終了後の自己健康管理期間を現行の7日間から3日間に短縮する旨発表しました。
医学観察期間等の短縮条件は以下のとおりです。
1 新型コロナウイルスワクチンを完全接種済み(※)であること(但し、健康や年齢などの理由でワクチンを完全接種済みでない人も当該措置の対象)。
2 到着時及び医学観察期間中における核酸検査の結果が陰性であること。
以上の条件を満たす者は、入境後8日目(入境翌日を1日目としてカウント)に医学観察ホテルを出て、その後、3日間の自己健康観察を行います。また、医学観察期間終了の翌日から数え、1、2、3、5及び7日目に核酸検査を受ける必要があります。

※当館注
新型コロナウイルスワクチンを完全接種済みとは、マカオ政府の指定するワクチンを2回接種後14日間を経過し、かつ最後の接種から7か月以内の12歳以上の者を指します。また、2回目の接種日から7か月経過している18歳以上の者は3回目を接種済みである必要があります。
(参考領事メール:新型コロナ(167:【マカオ情報】香港及び台湾からマカオへの水際措置強化))
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_2022_167.html 

(マカオ政府プレスリリース)
https://www.gov.mo/en/news/279322/ 

(参考:マカオ政府作成インフォグラフィック)
https://www.gov.mo/en/news/279430/#&gid=1&pid=1 



◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。