海外

2022.07.09

ドイツ|ユーロポール等の職員を騙る詐欺電話に関する注意喚起

最近、当地在留邦人の方からユーロポールの職員等を名乗る不審な電話に関するご相談が多くなっています。
多くのケースでは、「あなたの個人情報が不正に使われて犯罪に利用されている」などとして、氏名や旅券番号などを尋ねられた上、指定された口座にお金を送金するように誘導されるようです。実際に金銭的な被害も発生しております。

身に覚えがなければ無視し、すみやかに電話を切るなどの対応をとってください。
万が一、被害に遭われた場合は現地警察へ被害を届け出るとともに、可能であれば銀行に対し送金を止める手続きをするよう連絡をしてください。

【実例】
1 見知らぬ番号からの電話に出ると、自動音声のメッセージが流れ、プッシュボタンで応答を求められた。
2 ダイヤル1を押すと、連邦警察を名乗る女性が出て、「あなたのIDで銀行口座が不正に開設され、マネーロンダリングに使われている。この後、ユーロポールから電話があるので電話に出るように。」と言われた。 3 その後、ユーロポールを名乗る男性から電話があり、「あなたの持っているの全ての銀行口座が凍結され、預金が没収される。それを回避するためにはこちらで用意した口座に現金を移す必要がある。」と言われ、指定された口座に送金するように指示された。(このとき表示された番号は、ユーロポールの正規の電話番号)

【ドイツ連邦刑事庁からのアドバイス】
○ 犯人は特殊な技術を使って電話をかけてくるので、被害者側には、ユーロポールやインターポールの正規の番号が表示されます。
○ このような電話にコールバックしないでください。コールバックすると犯人側につながってしまうので、警察に電話するときには必ず自分でダイヤルするようにしてください。
○ 電話では、個人的な事情や経済的な事情は一切明かさないようにしてください。
○ 相手の誘導に従わず、会話に加わったり、プレッシャーをかけたりせず、そのまま電話を切ってください。
○ 警察機関からお金を要求することはありません。知らない人にお金を渡さないでください。

【参考】

当館メールマガジン第822号
https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/822.html

ドイツ連邦刑事庁のホームページ
https://www.bka.de/SharedDocs/Kurzmeldungen/DE/Warnhinweise/220411_AnrufeBehoerden.html

ユーロポールのホームページ
https://www.europol.europa.eu/media-press/newsroom/news/beware-of-scams-involving-fake-correspondence-europol

在ミュンヘン日本国総領事館
HP:https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
メール:ryoji@mu.mofa.go.jp
電話:089-4176040
FAX:089-4705710 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。