海外

2022.06.16

イタリア│新たな保健省命令 マスク着用義務の延長

6月15日、新たな保健省命令(※)が同省HPに掲載され、交通機関等でのマスク着用義務が延長されました(ただし、航空機の利用や、劇場、コンサートホール、映画館等の屋内で一般公開される催し、屋内のスポーツイベントにおけるFFP2マスク着用義務は解除されています)。
本命令は6月15日から6月22日まで有効です。

※6月15日保健省命令
https://www.trovanorme.salute.gov.it/norme/renderNormsanPdf?anno=2022&codLeg=87713&parte=1%20&serie=null
1 以下の交通機関の利用はFFP2マスク着用が義務付けられる。
 ・州間の船舶、フェリー
 ・州間の鉄道(インテルシティー、夜行インテルシティー、高速鉄道)
 ・複数の州を結ぶ行程を継続的又は定期的に運航する旅客輸送バス
 ・運転手付きのレンタルバス
 ・地域又は州の公共交通機関
 ・小学校、中学校、高校の生徒専用の交通機関
 
2 医療施設、介護施設、ホスピス等の従事者、利用者、訪問者にはマスク着用が義務付けられる。

3 以下の者はマスク着用の義務はない。
 ・6歳未満の子供
 ・マスクの着用に適さない疾患や障害を持つ者。また、障害者と意思疎通をする上でマスクの着用が不適当な者。
 ・スポーツ活動中の者

 

(問い合わせ先)     
○在イタリア日本国大使館       
   電話:06−487991(領事部)        
  ホームページ:https://www.it.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html    
○外務省領事サービスセンター      
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903      
○外務省領事局政策課(海外医療情報)      
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)4475      
○海外安全ホームページ      
  (PC版・スマートフォン版)https://www.anzen.mofa.go.jp/         
  (モバイル版)http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html   
 

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。