海外

2022.05.16

タンザニア│出国時における我が国新型コロナウイルス水際対策に係る措置について

●タンザニア出国時に、一部の航空会社から、書類不十分としてチェックイン出来ない事例が発生しています。

タンザニア在留邦人並びに短期渡航者の皆様へ

1 国外から日本への帰国に際しては、新型コロナウイルス感染症の水際対策のため、出国前72時間以内にPCR検査を行い、厚生労働省が定めるフォーマットで「陰性」であることを証明する検査証明書の提出が必要です。
同所定フォーマット以外も認められる場合がありますが、任意の検査証明書の内容に厚生労働省が求める情報全てが記載されている必要があります。
詳細については、以下の厚生労働省のウェブサイトをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

2 タンザニアにおいて、厚生労働省所定フォーマットによる検査証明書を入手するためには、以下(ア)~(エ)の手続きが必要ですので、再周知させて頂きます。

(ア)出発予定時間前の72時間以内に検査を受けられるよう、タンザニア保健省のPCR検査予約ポータルサイトから、以下○の2病院のいずれかを指定して予約を行う。
タンザニア保健省PCR検査予約ポータルサイト
https://pimacovid.moh.go.tz/#/booking

○日本国厚生労働省所定フォーマット作成同意病院(2病院)
・IST Clinic https://www.istclinic.com
・Saifee Hospital https://www.saifeehospital.co.tz

(イ)予約日時に病院を訪問し、検査を受ける。

(ウ)検査後48時間以内に、タンザニア保健省PCR検査予約ポータルサイトから陰性検査証明書が発行される。

(エ)発行された「陰性検査証明書」及び日本の「厚生労働省所定フォーマット(厚生労働省のウェブサイトからダウンロード)」両方を印刷し、検査を受けた病院に持参して記入してもらう。
(記入された所定フォーマットを受領の上は、記入された内容に間違いが無いかその場で確認し、誤記があった場合は修正を申し出てください)

(注)土日やタンザニアの祝日に病院が検査等に対応しているか、直接確認の上、帰国日程をご検討ください。


(問い合わせ先)
在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018, Ali Hassan Mwinyi Road, P.O. Box 2577, Dar es Salaam, United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9
FAX:+255-22-2115830
領事窓口時間:07:30 - 12:30 / 13:30 - 16:30
査証窓口時間:08:30 - 12:30
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。