海外

2022.03.23

タンザニア│新型コロナウイルス水際措置変更について(3月22日)

●タンザニア入国時の水際措置が変更されましたが、現時点においては、ワクチン接種証明書だけで入国することはできません

タンザニア在留邦人並びに短期渡航者の皆様へ

3月16日付のタンザニア政府発行トラベルアドバイザリー第10号(SNS配信)において、タンザニア入国に際しての新型コロナウイルス水際措置に変更がありました。同トラベルアドバイザー記載の要点を以下の通りお知らせ致します。

タンザニア政府は、WHOが有効性を認めるワクチンの接種者については、事前の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明書並びに同抗原検査陰性証明書の提示義務を免除し、QRコード付きのワクチン接種証明書の提示に切り替えます。

ただし、タンザニア保健省を通じてワクチン接種をされた方については、同保健省からQRコード付きの証明書が発行されますが、日本を含む国外におけるワクチン接種証明書にはQRコードが記載されていないことから、右証明書の有効性についてタンザニア保健省に照会した結果、「QRコードの付いていない証明書提示者につ
いては免除措置が受けられない」との回答でした。ついては、これまでと同様に、出国前72時間以内にPCR検査を受け、入国時には陰性証明書を提示してください。

なお、指定国(www.moh.go.tz 日本は含まれない)から入国される場合は、タンザニア到着時に新型コロナウイルス簡易抗原検査を受ける必要があり、10米ドルもしくは23,000タンザニアシリングの費用負担が求められます。
また、ワクチン接種証明書並びにPCR検査陰性証明書いずれも所持していない場合は、別途検査が必要となり、検査に伴う費用負担も課されます。
詳細については、以下からトラベルアドバイザリー(pdf)をダウンロードしてご確認ください。
タンザニア保健省公式Twitterアカウント:@wizara_afyatz

(問い合わせ先)
在タンザニア日本国大使館
EMBASSY of JAPAN in TANZANIA
住所:Plot No. 1018, Ali Hassan Mwinyi Road, P.O. Box 2577, Dar es Salaam, United Republic of TANZANIA
電話:+255-22-2115827/9
FAX:+255-22-2115830
領事窓口時間:07:30 - 12:30 / 13:30 - 16:30
査証窓口時間:08:30 - 12:30
ホームページ: http://www.tz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。