海外

2022.01.26

ボリビア|各種施設及び各種交通機関を利用する際に抗COVID-19ワクチン接種証明等の提示を求める措置の衛生緊急事態宣言中の停止

ボリビア政府による、各種施設及び各種交通機関を利用する際に抗COVID-19ワクチン接種証明等の提示を求める措置は、1月26日(水)以降も、ボリビア政府による衛生緊急事態宣言が発令されている間は一時停止が継続されます。なお、地方自治体によっては独自にワクチン接種証明書等の提示を求める可能性がありますので,各自治体の規制をご確認ください。

ボリビア政府は、最高政令第4640号(2021年12月22日付)(参考:http://www.gacetaoficialdebolivia.gob.bo/normas/buscar/4640)に基づき、1月1日から、多人数を収容する各種施設へ入場する場合及び各種交通機関を利用する場合は、抗COVID-19ワクチン接種証明または利用48時間前以内に実施したPCR検査陰性証明の提示が必要である旨発表(12月24日付領事メール参照)しました。
その後、1月5日、保健・スポーツ省はボリビア国内におけるワクチン接種プロセスを見極めるとして、当該措置を1月26日(水)まで停止する旨発表(参考:https://www.minsalud.gob.bo/6380-gobierno-no-exigira-presentacion-de-carnet-de-vacunacion-hasta-el-26-de-enero-para-optimizar-proceso-de-inmunizacion)していました(1月5日付領事メール参照)。
しかし,1月19日、保健・スポーツ省は、1月26日(水)以降も,ボリビア政府による衛生緊急事態宣言(12月29日から無期限に発令)が発令されている間は、本件措置の一時停止を継続する旨を発表しました(参考:https://www.minsalud.gob.bo/6421-gobierno-suspende-presentacion-del-carnet-de-vacunacion-mientras-dure-emergencia-sanitaria-y-emite-regulaciones)。
  なお、地方自治体によっては独自にワクチン接種証明書等の提示を求める可能性がありますので,各自治体の規制をご確認いただくとともに,必要に応じてワクチン接種証明書等を携帯することをお勧めします。


 
  ボリビア当局による規制等については急遽変更になる可能性があります。COVID-19関連の最新情報は、領事メールや当館ホームページに加え、ボリビア関係当局の公式HPやSNS、現地の報道等も利用してご確認ください。

○在ボリビア日本国大使館
住所:Calle Rosendo Gutierrez No. 497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia (P.O. Box 2725)
電話:(591-2) 241-9110~3
FAX : (591-2) 241-1919
http://www.bo.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)

海外渡航・出入国トップ

新規のお問い合わせについて

新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様

当社と新規でご契約を希望される企業様、旅行会社様
「商談のお申し込み」にてお申し込みをお願い致します。

個人のお客様

個人旅行の申込み受付を開始しました。
ただし、個人旅行のビザ申請サポートは承っておりません
個人旅行の旅行代金お支払いは銀行振り込みにてお願い致します。
クレジットカード、その他の決済方法はご利用いただけません。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

ご契約済み企業様、旅行会社様

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある企業様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。