海外

2022.01.11

エクアドル|アメリカでPCR検査が手配出来なかったエクアドル帰国者への措置

●1月7日、エクアドル国家緊急事態委員会(COE)は、エクアドル居住者の帰国者のうち、アメリカでPCR検査が手配出来なかった方への措置を発表しました。概要を以下のとおりお知らせ致します。

アメリカ国内のPCR検査需要の上昇の影響を受け、アメリカからエクアドルへ帰国する方に関して、入国の条件である出国フライト72時間前以内の検査をアメリカで実施出来なかった方は以下の行動をとることを条件に例外的に飛行機の搭乗及び入国が認められます。

(1)ワクチン接種済証明書(出発14日前までに取得したもの)の提示。
(2)キト市、またはグアヤキル市到着時に渡航者負担でのPCR検査の実施。
(3)入国後14日間の予防隔離。
隔離中は電話での監視が行われ、PCR検査の結果も報告が必要となります。

上記につきましてはエクアドル居住者に対する措置で、1月16日23時59分まで有効です。

詳細につきましては、以下COEのホームページをご参照願います。
https://www.gestionderiesgos.gob.ec/resoluciones-coe-nacional-07-de-enero-de-2022/

エクアドル入国時の必要書類等(1月10日現在) 

パスポート、査証、滞在許可証等の他に防疫対策として次の書類等が必要です。 

(1)16歳以上の者(下記2点の書類が必要) 
●ワクチン接種済証明書(出発14日前までに取得したもの) 
※当館よりキト国際空港検疫所に確認したところ、ワクチン接種済証明書を保持しない者の入国は認めないとのことです。 
●PCR検査の陰性証明書(出発地における航空機搭乗前の72時間以内に実施されたもの) 

(2)2歳以上15歳以下の者(下記1点の書類が必要) 
●PCR検査の陰性証明書(出発地における航空機搭乗前の72時間以内に実施されたもの) 

(3)全ての入国者 
●健康カード(全ての入国者は登録が必要:次のURLからアクセスできます): https://declaracionsalud-viajero.msp.gob.ec/

なお、エクアドルで乗り継ぎ(トランジットエリアから出ない)は上記の書類は不要とのことです

在エクアドル日本国大使館   
電話番号:+(593)2-2278-700 
領事部メールアドレス: consular@qi.mofa.go.jp
当館ホームページ:https://www.ec.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。