海外

2022.01.05

マカオ|超ハイリスク国からの渡航者に対する防疫措置の強化(2022年1月6日~)

2021年12月30日(木)、マカオ政府は、オミクロン株によるリスクを軽減するため、2022年1月6日(木)からマカオへ入境する者に対して、以下の防疫措置を適用することを発表しました。

超ハイリスク国からの渡航者(※1)は、搭乗前5日間に24時間以上の間隔を空けて3回のウイルス検査を受検し、当該陰性証明書を提出する。また、入境後は28日間の医学監察(※2)を受ける。

(超ハイリスク国)
バングラデシュ、ボツワナ、ブラジル、カンボジア、エスワティニ、インド、インドネシア、イラン、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ネパール、パキスタン、フィリピン、ロシア、南アフリカ、スリランカ、タンザニア、トルコ、米国、ジンバブエ、スワジランド

※1(当館注)現在、海外からマカオに入境できるのは、香港及びマカオ居民並びに条件を満たす「非居民外国人」に限定されます。条件を満たす「非居民外国人」の詳細については、以下のリンクをご覧ください。
(参考領事メール:新型コロナ(その132:【マカオ】入境措置の一部緩和について))
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/corona_2021_132.html

※2(当館注)対象ホテルでの隔離措置。但しホテルは対象ホテルの中から任意に選択可能。(参考:対象ホテルについて)
http://content.macaotourism.gov.mo/uploads/mgto_main/medical_observation_hotels_en.pdf

超ハイリスク国以外の国からの渡航者については、従前のとおり、搭乗前48時間以内に取得したPCR検査陰性証明書を提出し、入境後は21日間の医学監察を受ける。

3 12歳以上の渡航者は、渡航日の14日前までにワクチンを2回接種し、また、最終接種日は7ヶ月以内を条件とする。

(マカオ政府プレスリリース)
https://www.gov.mo/zh-hant/news/843619/

香港入境及び日本入国に係る諸手続について、当館HPトップページにとりまとめて掲載しておりますので、渡航のご予定のある方は事前にご確認ください。
https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.htm

◆◆◆問い合わせ先◆◆◆
『 在香港日本国総領事館(領事部)』
電話:2522-1184 国外からは(地域番号852) 2522-1184
住所:46/F, One Exchange Square, 8 Connaught Place, Central, Hong Kong
香港中環康楽広場8号交易広場第一座46楼
ホームページ: https://www.hk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。