海外

2022.01.01

ギリシャ|感染または濃厚接触判明時の隔離期間に関する新たな指針

12月31日、ギリシャ保健機関が、新型コロナウイルス感染症対策の国内向け措置として、感染または濃厚接触が判明した際に必要となる隔離期間に関し、以下のとおり、新たな指針を発表しました。

1 一般市民

(1)感染した場合
・5日間の隔離により、他人との接触を避けること。
・無症状の場合、または熱が下がっていれば5日間で隔離は終了とするが、熱が続く場合については引き続き自宅隔離を継続すること。
・隔離後も更に5日間、高規格のマスク(FFP2、KN95、N95)、または二重マスクを使用すること。
 
(2)感染者と濃厚接触した場合(濃厚接触の目安:2メートル以内で合計15分以上の接触)

ア 強化接種済者または接種完了後6か月以内の者が感染者と濃厚接触した場合
・10日間、高規格のマスク(FFP2、KN95、N95)、または二重マスクを使用すること。
・接触日から5日目にPCRまたはラピットテストを受検すること。

イ 接種完了後6か月以上経過した者が感染者と濃厚接触した場合
・5日間の隔離により、他人との接触を避けること。
・5日目にPCRまたはラピットテストを受検すること。
・隔離後も更に5日間、高規格のマスク(FFP2、KN95、N95)、または二重マスクを使用すること。

2 医療関係者

(1)感染した場合
・5日間の隔離後、無症状又は軽症であれば職場に復帰することが可能。
・高規格のマスク(FFP2、KN95、N95)着用すること。

(2)感染者と濃厚接触した場合
ア ワクチン強化接種済の者が感染者と濃厚接触した場合
・通常勤務が可能。
・接触日から3日目にテスト受検すること。

イ ワクチン接種完了者が感染者と濃厚接触した場合
・通常勤務が可能。
・接触日から1、3、5、7日目に検査を受けること。

また、感染した際の確認方法について、保健省副大臣が報道機関に対し、ワクチン接種完了者については、ラピッドテストで陽性反応だった場合、その後、改めてPCR検査を受ける必要はないと述べたとのことです。
ただし、ワクチン未接種者で感染証明を得るためには、PCR検査の受験が必要とのことです。

ギリシャでは、感染者に占めるオミクロン変異株の割合が急増し、ここ数日、毎日3~4万人もの記録的な数の新規感染者が確認されており、かつてない勢いで感染拡大が進んでいます。皆様方におかれましては、引き続き感染防止に努めていただきまして、安全・安心な年末年始をお過ごしください。 


在ギリシャ日本国大使館 
Embassy of Japan in Greece  
TEL :210-670-9910、 9911  
FAX :210-670-9981  
H P :http://www.gr.emb-japan.go.jp
e-mail :consular@at.mofa.go.jp

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。