海外

2021.12.17

ガンビア 入国者のワクチン接種状況に応じて入国要件を変更(2021年12月16日~)

ガンビア保健省は、世界的な新たな変異ウイルス(オミクロン株)の感染状況等を踏まえ、16日から、入国者のワクチンの接種状況等に応じて、ガンビアへの入国要件を変更する旨発表しました。
○在留邦人の皆様におかれましては、感染予防に万全を期すとともに、邦人が新型コロナウイルスに感染した等の関連情報に接した場合には大使館にご一報ください。
○ガンビアは、感染症危険情報でレベル3となっており、引き続き渡航中止が勧告されています。

ガンビア保健省は、新型コロナウイルスの世界的な新たな変異株(オミクロン株)の感染状況等を踏まえ、16日から、入国者のワクチンの接種状況等に応じて、ガンビアへの入国要件を変更する旨発表しました。具体的には、以下の4つのカテゴリーに分類されます。
 ガンビアを出国する場合には、各渡航先が定める新型コロナウイルス感染対策に係る入国要件を遵守する必要がありますので、ご注意ください。

カテゴリー1:ワクチン接種完了者


入国に当たってのPCR検査結果の提出は不要。自己管理を徹底したうえで、万が一症状が疑われる場合には、迅速診断検査を受けるか、コールセンターへ問合せすること。
・入国時に新型コロナウイルス感染と似た症状が確認された場合には、空港で迅速診断検査を実施。
・カテゴリー3オミクロン株感染国からの入国者には適用しない。

カテゴリー2:ワクチン接種途中及び未接種者


入国前72時間以内に取得したPCR検査陰性証明書の提出が必要。
デルタ株の感染が確認されている以下の国からの入国者については、追加的に空港到着時に迅速診断検査を実施。
・対象国は定期的に更新される。
英国、オランダ、米国、イタリア、デンマーク、ベルギー、ドイツ、日本、トルコ、アイルランド、フランス
、オーストラリア、インド、メキシコ、スウェーデン、ポルトガル、カナダ、南アフリカ、スイス、フィンランド、スペイン、スロバキア

カテゴリー3:オミクロン株感染地域からの入国者


オミクロン株感染地域である以下の国からの入国者については、PCR検査陰性証明書の提出に加え、入国時のPCR検査のための隔離措置に係る費用負担及び検査結果判明までの隔離が発生する。
・対象国は定期的に更新される。
南アフリカ、ボツワナ、エスワティ二、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ、アンゴラ、ザンビア

カテゴリー4:10歳以下の児童


デルタ株の感染が確認されている国から入国する児童は、空港到着時に迅速診断検査を実施。
オミクロン株の感染が確認されている国から入国する児童は、空港到着時にPCR検査を実施。

【問い合わせ先】
 在セネガル日本国大使館(ガンビアを兼轄)
taishikan.senegal@dk.mofa.go.jp
Tel+221-33-849-5500,Fax+221-33-849-5555 (夜間緊急 +221-77-569-8103)

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。