海外

2021.08.31

ブルガリア 変異株の状況、現在の感染状況、及び専門家による今後の見通し

【ポイント】
7月21日から8月13日までの間にブルガリア国内各地で採取された新型コロナウイルスのサンプル394件のうち389件(全体の98.7%)がデルタ株であったことが判明しました。
●8月30日発表のブルガリア国内の新規感染者数451名、新規死者数26名。
専門家は、今後もブルガリア国内の感染が拡大し、今後数日中に一日の新規感染者数が1,500人から2,500人に達し、現在の入院患者数3,500人が4,000人から4,500人に増加すると予測しています。

【本文】
○8月30日、ブルガリア保健省は、同省ホームページにおいて、ブルガリア国内の変異株の発見状況について発表しました。概要は以下のとおりです。

- 国立感染症センターがブルガリア各地において7月21日から8月13日の間に採取された394件の新型コロナウイルスのサンプルを検査した結果、389件(98.7%)がデルタ株であり、5件がアルファ株でした。

- 上記389件のデルタ株サンプルの採取場所の内訳は以下のとおりです。
ブラゴエフグラド20、ブルガス10、ヴァルナ32、ヴェリコ・タルノヴォ4、ヴラツァ4、ガブロヴォ12、ドブリッチ1、カルジャリ1、キュステンディル8、ロベチ1、モンタナ1、パザルジク21、ペルニック3、プレヴェン24、プロブディフ66、ラズグラッド1、ルセ45、シリストラ1、スリヴェン4、スモリャン1、ソフィア県13、ソフィア市65、スタラ・ザゴラ33、タルゴヴィシテ5、ハスコヴォ1、シューメン1

- 上記389人のデルタ株患者の状態は以下のとおりです(8月22日時点)。
入院 :60人
自宅療養:272人
治癒 :40人
死亡 :17人

保健省発表原文はこちら→ https://www.mh.government.bg/bg/novini/aktualno/389-novi-sluchaya-na-zarazeni-s-delta-varianta-na-/

 

 

○最近のブルガリア国内の感染状況ポイント(当館取りまとめ)
・8月25日、タルゴヴィシテ県で過去最多の新規感染者記録
・8月26日、タルゴヴィシテ県で過去最多の新規感染者記録(2日連続)
・8月27日、入院中患者数が再び3千人超え(6月1日以来87日ぶり)

○ブルガリア国内感染状況週間統計(8月22日(日)から8月28日(土)の週。当館取りまとめ)
・陽性率:6.75%(6週連続増加。6%超えは16週ぶり)
・新規感染者数:10,078人(7週連続増加で前週の約1.3倍。1万人超えは18週ぶり。タルゴヴィシテ県で過去最多を記録)
・死者数:231人(4週連続増加で前週の約1.8倍。200名超えは14週ぶり)
・入院患者増加数:942人(5週連続増加)
・集中治療患者増加数:105人(4週連続増加で前週の約1.5倍)

○8月30日(水)時点のブルガリア国内の感染状況(ブルガリア保健省発表)。
検査数 7,695件
陽性率 5.86%
感染者累計 451,599名(前日比+451名)
死者累計 18,731名(前日比+26名)
治癒累計 404,356名(前日比+158名)
アクティブケース 28,512件
入院中 3,451名(前日比+82名)
集中治療中 298名(前日比+1名)
感染医療従事者累計 13,777名(前日比+8名)
ワクチン接種累計 2,288,715回(前日比+2,540回)
ワクチン2回接種済み累計 1,156,729名(前日比+1,651名)

○ブルガリア各地の過去14日間の人口10万人あたりの新規感染者数(8月30日時点:当館取りまとめ)
※印はレベル3(レッドゾーン:250~500)
その他はレベル2(オレンジゾーン:100~250)

全国平均 :264.2 ※
タルゴヴィシテ :479.3 ※
ブルガス :403.4 ※
ヴェリコ・タルノヴォ:393.6 ※
ルセ :352.1 ※
ヤンボル :329.9 ※
プロブディフ :310.9 ※
ヴァルナ :302.3 ※
ハスコヴォ :301.8 ※
パザルジク :280.6 ※
スタラ・ザゴラ :269.3 ※
シリストラ :258.3 ※
ソフィア市 :247.6 
シューメン :245.3 
ガブロヴォ :239.3 
ペルニック :231.1 
スモリャン :221.2 
スリヴェン :213.0 
ブラゴエフグラド :210.2 
モンタナ :187.4 
プレヴェン :187.3 
ロベチ :183.7 
ソフィア県 :179.7 
ドブリッチ :177.3 
キュステンディル :166.7 
ラズグラッド :165.8 
ヴィディン :165.1 
カルジャリ :163.3 
ヴラツァ :139.6

○専門家による今後の見通し
8月30日、クンチェフ保健機構長官は、当地メディアに対し、今後の感染拡大の見通しについて述べ、今後数日中に、一日の新規感染者数が1,500人から2,500人に達し、現在の入院患者数3,500人が4,000から4,500人に増加すると予想しました。

○統計サイト「Our World in Data」によると、8月29日時点で、ブルガリアは、人口100万人当たりの過去7日間の平均死者数で世界20位、人口100万人当たりの累計死者数で世界7位です。出典はこちら→ https://ourworldindata.org/grapher/covid-deaths-daily-vs-total-per-million?tab=table&time=2021-08-29

○当館ツイッター(日本語)では、システム上の都合により領事メールでは掲載できない新規感染者推移グラフや詳細な地域別感染者統計表を毎日掲載しています。→ https://twitter.com/EmbassyBulgaria

○日々の感染状況の確認はブルガリア政府運営新型コロナウイルスポータルサイトもご利用ください(当館が利用しているデータの出典元です)→ https://coronavirus.bg/

○欧州域内の感染状況(欧州疾病予防センター(ECDC)HP)→ https://www.ecdc.europa.eu/en/cases-2019-ncov-eueea

○現在日本で実施中の水際対策の詳細(厚生労働省HP)→ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

○ブルガリアの現在の入国規制(当館HP)→ https://www.bg.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid-19_FAQ.html

○当館フェイスブック「領事・安全情報ページ」では、当館領事メールをその都度掲載しています。これまでに当館が配信した領事メールの確認にご利用ください→ https://www.facebook.com/japanemb.bulgaria.anzen

○海外に3ヶ月以上滞在するときは、在留届の提出が義務づけられています。また、帰国の際は、帰国届の提出をお願いします。登録、変更は、オンラインでもできます。こちらから→ https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

○外務省海外安全HPでは、当館を含め、世界中の在外公館がこれまでに発信した領事メールを確認できます。各国の最新の入国規制を含む新型コロナウイルス関連情報の確認にご利用ください→ https://www.anzen.mofa.go.jp/riskmap/index.html

【参考】
■ブルガリア保健省(ブルガリア語)
https://www.mh.government.bg/bg/
■ブルガリア新型コロナウイルス・ホットライン(ブルガリア語)
電話 028078757(24時間)

在ブルガリア日本国大使館領事警備班
電話:(国番号359)2-971-2708(代)(24h)
e-mail: consul.jpn-emb@sf.mofa.go.jp
HP: http://www.bg.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

現在、水際対策、出入国制限の緩和に伴い、お陰様で沢山のお問合せを頂いております。
これまでお問合せには順番に対応をしておりましたが、物理的に対応が出来る範囲を大きく超え、回答をお待たせするだけではなく、責任を持ってサービスを提供することが難しいと判断致しました。

つきましては当社と契約の無い企業様、旅行会社様の新規のお問合せにつきましては一旦受付を中止させて頂きます。
ご期待頂き問合せを頂く皆様にはお断りすることになり心苦しいですが、きちんとサービスを提供が出来るようになるまでは少しお時間を頂きたいと思います。

何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン登録

渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。
現在は、ご契約のある法人様・旅行会社様からのお問合せのみ
対応させていただいております。