海外

2021.12.12

南アフリカ オミクロン株に伴う国際線運行状況(2021年12月11日現在)

11日付け当国の国際線フライトの運行状況の更新です。航空会社からの注意事項をご確認ください。
●カタール航空によれば12日から南ア発ドーハ行きのフライトの運航を再開する予定でしたが、急遽運行上の理由により延期するとのことです。予約された方はカタール航空に確認してください。
●ルフトハンザ航空便のフランクフルト乗り継ぎ時のPCR陰性証明の72時間のカウントの仕方について、フランクフルト到着が検査実施72時間後に近接している場合、南アでのチェックイン時に、再検査を求められた事例がありますので、なるべく時間に余裕のある検査の受検及び空港でのチェックインは早めに行うことをお勧めします。
●南ア国内でのPCR検査件数増加に伴い、結果受領のための必要時間が以前より長くなっています。検査機関に事前によくご確認ください。

南ア国内における、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」感染の広がりを受け、南アと各国を結ぶ国際線フライトのキャンセルが生じています。本日時点で、乗り継ぎを含めて可能なフライトは、以下のとおりです。運航状況等は刻々と変更されるため、最新情報の入手に努めて下さい。
なお、邦人の方の感染事例が報告されていますので、引き続き感染防止に努めてください。特に無症状にも関わらず渡航前のPCR検査で陽性となる事例が見られます。また、南ア国内でのPCR検査件数増加に伴い、結果受領のための必要時間が以前より長くなっています。出発に間に合うよう確実に受領するため、検査機関に事前によくご確認ください。

ルフトハンザ航空
https://www.lufthansa.com/xx/en/homepage
注:乗り継ぎ地のフランクフルトでのトランジットは可能です。
ルフトハンザ航空便のフランクフルト乗り継ぎの際に、PCR陰性証明が確認されますが、この検査証明はフランクフルト到着時刻から72時間以内に受検されたものである必要があります。フランクフルト到着が検査実施72時間後に近接している場合、ヨハネスブルグでのチェックイン時に空港で再検査を求められた事例もありますので、なるべく時間に余裕のある検査の受検をお勧めします。同航空会社からの注意事項をご確認ください。
https://www.lufthansa.com/xx/en/flight-information.html
なお、チェックイン時に日本の検疫当局が求める陰性証明書がドイツを出発前72時間と誤解しているケースが見られますので、下記リンクにて説明をしてください(Q8参照)。国際線トランジットで経由国での入国を伴わない場合、元の出発国での出発時点を「出国前 72 時間」の起算点としています。
https://www.mhlw.go.jp/content/000825074.pdf

エールフランス航空
https://wwws.airfrance.co.za/
注:予約・搭乗はパリ乗り継ぎ便のみ可能です。ただし、同航空はアムステルダム及びパリの2回乗り継ぎの便が含まれており、現時点ではアムステルダムでの乗り継ぎはできませんので予約時に航空会社にご確認ください。
パリ経由の場合は、出発前48時間以内に受検したPCR陰性証明が必要で、さらにワクチン接種しているかどうかで用意する書類が違います。以下リンクを参照してください。
https://www.interieur.gouv.fr/Actualites/L-actu-du-Ministere/Certificate-of-international-travel#from4a
*上記リンクページの中段のTRAVEL TO/FROM A SCARLET RED LIST COUNTRYをクリックし、参照してください。
「ご参考」
https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/20001.html#prp
https://www.fr.emb-japan.go.jp/itpr_ja/oshukarafrancenyukoku202101.html

カタール航空
カタール航空によると12日から南ア発ドーハ行きのフライトの運航を再開する予定でしたが、急遽運行上の理由で延期するとのことです。予約されている方は、カタール航空に確認してください。
https://www.qatarairways.com/en/travel-alerts.html

 

 

英国航空も運行を再開しますが、乗り継ぎ便可能な便があるかどうか確認が必要です。
なお、その他フライトでオランダ航空(KLM)、ユナイテッド航空、スイス航空、デルタ航空、も運航していますが、現時点においては南アからの搭乗は自国民や永住許可者に限られていたり、乗り継ぎができなかったりしているため、フライトの予約の際には必ずトランジットが可能かどうか、自国民以外の搭乗が可能かどうか各航空会社に最新の情報を確認してください。

エチオピア航空
外務省は、11月26日、エチオピア全土に対して危険情報レベル4退避勧告に引き上げており、さらに、12月3日、同国のボレ空港を利用した航空便の乗り継ぎは避けることを強くお勧めする広域情報を発出しています。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C151.html
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_095.html#ad-image-0

参考:
●日本厚生労働省の水際対策に関わる新たな措置(最新)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

●日本外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

●当館HP
・新型コロナウイルス関連情報
https://www.za.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid19.html
・Q&A
https://www.za.emb-japan.go.jp/files/100058671.pdf

※南ア、レソト、エスワティニ政府が所管する情報は予告なく変更されたりする場合がありますので、政府の公式なホームページ等より最新の情報入手に努めてください。

******************************************************
 ●在南アフリカ日本国大使館
H  P: http://www.za.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
住  所: 259 Baines St, Cnr Frans Oerder St, Groenkloof, Pretoria
電  話: +27 12 452 1500 領事・警備
メール:  consul@pr.mofa.go.jp
******************************************************

海外渡航・出入国トップ

お問い合わせについて

お客様各位

当社ホームページをご覧いただき有難うございます。
当社は、法人・企業様の航空券手配をはじめ、業務渡航に関する商品とビザの取得をサポートする旅行会社です。
個人の方の予約手配は承っておりません。

また、手配代行を伴わない、査証の要否、出入国の可否、検疫の詳細等のご質問には弊社でお答えできませんので、各国の大使館入国管理局等の政府機関にお問い合わせください。

個人の方のお問合せ、手配代行を伴わないご質問に関してはお問合せいただいても回答はいたしませんのでご了承ください。

お見積り、ご質問は、お問い合わせフォームからご依頼いただきますようお願い申し上げます。
お電話でのお問い合わせは承っておりませんので、ご了承下さい。
何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせフォーム

商談のお申し込み メールマガジン登録

営業スタッフとの商談をご希望の方、
渡航に役立つメールマガジン登録は下記のフォームよりご連絡ください。

お問い合わせの前にご確認ください。よくあるご質問

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは承っておりません。
弊社サービスに関するお問合せは下記フォームよりご連絡ください。